* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

ただいまカンフー練習中


写真
---> 拡大表示

なにごとも練習、練習!(写真もね!)


●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないことがあったらガシガシおたずねください!
投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!





■53■ いきなりシャッター全押しが危険なワケ

 もちろんいきなりシャッター全押しにしてもそこは21世紀のハイテクマシンだ。カメラはちゃんと動作して写真を撮る作業をしようとしてくれるのだけれど、カメラとて人の子(ウソ)。そんなてんこ盛り機能をあんなちっこいボディの中でいきなり動かせというのは酷と言うもんである。イヤ、ちっこくない一眼レフのカメラだって今や時代は『先にシャッター半押し』が基本だ。やはりカメラの機能を充分に引き出すには、一度シャッターを半押しにしてカメラの態勢が整った合図と共にシャッターボタンを全押しにしてやることが第一歩だと思うのだが、いかがでしょう(って聞かれてもね)。
 最近のカメラにはピントが合うまでシャッターボタンが押し切れなくなる機種もあるが、そうでないカメラでいきなりシャッター全押しにすると何が危険かっちゅーと、カメラからピントを合わせるヒマを奪うことによってピンボケが起きやすくなる、ってこともある。ピントが正確に合わないままシャッター切ったらそりゃピンボケにもなるわな。
 それと、機種によってはシャッターボタン全押しのタイミングと実際にカメラがシャッターを切るまでにはタイムラグがある、って話をこないだしたよね。で、そのタイムラグが『いきなり全押し』の方が『半押ししてから押し切る』よりも長くなることもあるので、余計手ブレの危険性が増す、ってこともあるんだよ。

●モデル/中川翔子

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用にデジタル一眼レフカメラ(FinePix S1Pro)で撮影されています。


2002年11月06日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部