* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

カジュアルな写真ばかりが写真てワケじゃないの


写真
---> 拡大表示

建物だけが堅い(固い!)写真


●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないことがあったらガシガシおたずねください!
投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!





■57■ 構図を考える

◆読者からの質問
『写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないことがあったらガシガシおたずねください』とあったので、おたずねします。自由に撮ればいい!とは思うんですが、やはり基本的な構図について教えてください。お願いします。

◆答
 そーーなんです。写真なんて撮りたいときに撮りたいもんを撮りたいだけ欲望に身を任せて自由に撮ればいいと私も思うのだけれど、世の中には「こうしておきゃーとりあえず安全、ヘタクソには見えない」という基本的な構図が存在することも事実なのだ。それに結婚式場で新郎新婦の晴れ姿の写真撮ったり、雑誌の旅行記事で建物や観光地の説明写真撮ったりするカメラマンがゲージュツ性を発揮しまくって蜷川実花さんみたいに弾けた写真を撮ったら逆に商売になんなかったりするワケよ。
 そういう堅めのプロ風の『ちゃんとした写真』てのを撮ってみたくなることだってあるし、テキトーに撮ってる写真がなんかどうもソコハカとなくカッコ悪い、ってことだってあるよね。そういうときは原点に立ち返っていっぺん構図について考えてみるのもいいかもしれない。

◆ところで!
 左の写真を見て、「え? え? これどこ? なんかすっげぇかっこいい建物なんすけど!」って質問のお便りが殺到することを見込んで先に言っとこう。これは上野に今年オープンした国際子ども図書館だ。次週からこの図書館に関する記事も併せて掲載するんで、2倍お得な『撮れルンです!』に乞うご期待!

●モデル/中川翔子

●撮影協力/国際子ども図書館
※館内での写真などの撮影には制限があります。

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用にデジタル一眼レフカメラ(FinePix S1Pro)で撮影されています。


2002年12月04日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部