* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

長い間ありがとう!お疲れさまでした!


写真
---> 拡大表示

セルフフォト by 翔子 その1(撮影 by FinePix F401


写真
---> 拡大表示

セルフフォト by 翔子 その2(撮影 by FinePix F401


●『撮れルンです!』はとりあえず今回で最終回ですが、ネタがあったらまた突発的に再開するやもしれません。ですんで引き続き写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないことがあったらガシガシおたずねください!投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!


編集部より………
ローテク・フォトレッスン「撮れルンです!」専用の目次ページを作りました。サブタイトルをクリックして、
ご希望の内容を選択表示できます。

→「撮れルンです!」目次へ
ぜひご利用ください。

■64■ 最終回スペシャル!

 さて、皆さんに長らくご愛顧賜った当『撮れルンです!』もめでたく今回で最終回と相成りました。え? いや、マジで最終回っす。
 で、このままハイ終わり、にしたら非難ゴーゴーなことくらい私だってわかってますって。ちゃんと最後に用意しましたよ! ここで第1回からずっとモデルとして頑張ってくれた中川翔子ちゃんにご登場いただこう。

翔子:こんにちは。中川翔子です(ニッコリ)。

コーノ:どーも長いこと、1年4ヶ月にも渡ってご登場いただきありがとうございました。

翔子:いえいえ、そんな。私も楽しかったです。

コーノ:大変な撮影もあったよね。

翔子:えーぇ? うん(笑)。私走るのとかって苦手なんですよー、なのにいっぱい走らされたりとか、すごく歩ったりとか。あ! でもいい経験ができました。

コーノ:ははは。撮られるのも上手になったけどフォローも上手くなったじゃん。『ポポロガール』のグランプリは取ってたけど、最初は素人さんだったんだもんね。それがいつの間にやら『ミス週刊少年マガジン』に選ばれたりテレビに出たり。いろんなとこに翔子ちゃんが出てるの見るとオバサン「おおぉぉお!」って我が子のように喜んぢゃうよ。

翔子:もー、『オバサン』てのやめてくださいよぉ、クセになってますよ!

コーノ:だって、翔子ちゃんの親ほどの歳だもん(泣)。で、とりあえず何を目指してやっとるわけ?

翔子:うーん、国際派女優(きっぱり)。

コーノ:お、大きく出たな。頑張ってる?

翔子:ハイ! 広東語とか英語習ったり、腹筋鍛えたり(笑)。

コーノ:では最後に読者の皆さんにメッセージを。

翔子:えっと、これからも頑張りますので応援どうかよろしくお願いします!

コーノ:そのうち「この子を撮ったことがあるんだー」ってオバサンが自慢しまくれるくらいになってね。期待してます。

翔子:また『オバサン』て言った、、、(笑)



◆国際子ども図書館に行こう!その7◆

 もちろんパソコンによる検索機能も充実している。「へぇ、ここに来ればこんな検索もできるんだぁ」と思っていたら、なんと! Webサイト上からも同じように検索できてしまうのだ。ううううむ、知らなんだ、世の中便利になったもんだ。
 試しに私は子供の頃、すなわち30年以上前に読んだ児童文学でタイトルがどうやっても思い出せない(親に聞いても忘れてる)本について検索してみることにした。しかしあまりにもうろ覚え過ぎていくらITでハイテクでも私のいい加減な脳の補完までできるわきゃない。
 そこで資料室の司書の方々に相談してみたところ、いろいろな資料を探してくださったり、心当たりを当たって見てくださったりした。本当に本の好きな人達が受付にいるので、話をしているだけで本好きにはたまらない物があるだろう。
 その日は時間がなくて結論は出なかったが、最寄りの公立図書館からも文書でレファレンス・サービス(電子媒体によらない問い合わせ)の申込みができるそうだ。建物の凄さばかりに目を奪われてしまいがちだが、図書館としての機能も当然ちゃんとあるのだ。
 さて、もし国際子ども図書館に行くのだったら私は営団地下鉄根津駅界隈から言問通りを辿ることをお勧めしたい。根津は東京の中でもかなり好きなところでたまにウロウロしているのだが、古き良き風情の中にいつも新しい発見がある場所だ。上野駅から歩いていくのも広々としていていいけれど、根津のお寺が連なる街を一歩抜けると東京の大文教地区、芸大もありゃ国立博物館もある、国際子ども図書館もあるっ! てのは結構面白いコースなのである。

●モデル/中川翔子

●撮影協力/国際子ども図書館
※館内での写真などの撮影には制限があります。

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用にデジタル一眼レフカメラ(FinePix S1Pro)で撮影されています。

●予告!
 旅好きの皆様、お待たせいたしやした。次週からまたまた懲りずに旅のエッセイが始まります。乞うご期待!

 

【マカロニ・アンモナイト編集部よりプレゼント】

日頃のご愛読に感謝して、ローテク・フォトレッスン「撮れルンです!」で作例写真のモデルを勤めてくれた、中川翔子さんのサイン入りチェキ写真1枚を、抽選で3名様にプレゼントいたします。
※プレゼントの応募期限は2003年2月2日

詳しくは−−>プレゼント紹介ページ

 

2003年01月29日掲載

<--Back     Next-->




Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部