* 週刊フォトエッセイ*

撮れルンです! 2005

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

こういうのはピントを合わせるのが難しい。顔の前で風に揺れる葉っぱをどうにかよけてピントに合って欲しいところだけれど、とりあえず許容範囲に収まれば奥行きが楽しい写真になる。



写真
---> 拡大表示

もちろんこれも超基本の構えで撮っている。逆光につきストロボ強制発光しとります(そのうち説明しやす)。

※撮影 by FinePixF10
※モデル 高山美穂子





■2■ ピントの超基本おさらい

●『撮れルンです!』関連記事
 ・2 ボケ問題

 失敗写真の代表は『ボケ』と『ブレ』とそのふたつの複合だ。
『ボケ写真』はピントが合い損なって写したいものがぼんやりしちゃった写真で、『ブレ写真』はピントは合っているのに『手ブレ』や『被写体ブレ』のせいで写したいものがキッチリ写ってない写真のことである。

 今回、まずは『ボケ』をおさらいしてみたいと思う。

 上記『ボケ問題』の写真を見比べればボケてる写真とボケてない写真の違いがよくわかるだろう。
 要するに撮りたい物にピントが合ってなきゃボケるのだ。
 そのピントを合わせるための超基本は

 1.撮りたい物を画面の真ん中にしてシャッター半押し
 2.ピピッとピントがあった合図があったら
 3.撮りたい構図にしてシャッターを押しきる

である。
 とにかくこれは絶対に忘れるべからず。カメラ構えていきなりシャッター全押しはダメ!

 だったんだけれど、世の中様子が変わってきた。場合によっては「真ん中にとりあえず被写体おいて、、、」じゃなくてもピントが合ってしまう時代になってしまったのだ。でもそれができるのはあくまでもカメラと状況によるので超基本は超基本である。

※カメラによっては買ったばかりの状態だとフォーカスがオートモードになっている場合があります。この場合「超基本」とは異なった使い方となります(次回説明)。


2005年09月14日掲載

<--Back     Next-->

F10


Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部