* 週刊フォトエッセイ*

撮れルンです! 2005

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

これは画面真ん中が足元なのでコンティニュアスを使ったらピントギリギリだけれど、こういう撮り方もできる。被写体の動きに合わせてアングルを探しながらこちらもウロウロしてるときなんかに便利。うーんやっぱ『影』も構図の一部だなぁ。



写真
---> 拡大表示

動く物を真ん中に置かないで撮るのは結構大変なんである。そういうときはピントが合うのが通常より速くなるクィックショットモード(FinePixF10の場合)が付いてるカメラだと便利だね(ただし電池食います)。

※撮影 by FinePixF10
※モデル 高山美穂子





■4■ コンティニュアスってなんですか

 さて、コンティニュアスモード、別名運動会必勝モードだ。
 かけっこで必勝、って意味じゃなくてこれは撮影してる親たちが必ず我が子にピントが合った写真が撮れるモードなのである。

 とにかくこのモードにしておけばシャッターボタンを半押しとかにしてなくても常に真ん中の+にある物に常にピントを合わせ続けていてくれるのでいきなりシャッター全押しにしても失敗が少ない。グラウンドを一所懸命走り抜けてくフルスピードの我が子でも常に画面の真ん中に入るようにカメラを動かし続けていればピントがはずれることはまずない(モータースポーツとかスピードありすぎのもんだとカメラさんにチト厳しい)。

 こういうモードがあることを覚えておけば運動会だけじゃなく、いろいろなところで応用が利くね。子供や動物を撮りたいときに大活躍するはずだ。ちょっと前までは『置きピン』なんてテクを使っていたのにね(ただし『コンティニュアス』は結構電池食うので使いすぎに注意)。

 このモードを使うには、たとえばFinePixF10だと、モードレバーをマニュアルに合わせてMENUボタンを押し十字ボタンで上下して アイコン こういうマークに合わせ(画面上部に『AFモード』と表示される)十字キーの右ボタンを押したあとに一番下の アイコン (コンティニュアス)を選び、MENU/OKボタンを押すと使えるようになる(マニュアルモード時)。

 前回の『オートエリア』同様、マニュアルモードにしても他の設定をいじらなければオートと同じようにして撮れるので試してみる価値はあるだろう。
 もし『マニュアルモード』であれこれいじってしまって最初の設定がなんだったかわからなくなっても

 MENUボタン
  ↓
 十字ボタンの上下
  ↓
 SET
  ↓
 十字ボタンの右
  ↓
 十字ボタンの上下
  ↓
 4ページ目の『リセット』
  ↓
 十字ボタンの右
  ↓
 MENU/OKボタンを押す

で日付などの撮影に関係ないモード以外全て工場出荷時の設定に戻すことができるよ(FinePixF10の場合)。

※カメラによってはこういったモードを搭載していないことがあります。


2005年09月28日掲載

<--Back     Next-->

F10


Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部