* 週刊フォトエッセイ*

撮れルンです! 2006

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

若干粒子荒れが来てるのでいかに暗いところで撮影されたかがおわかりであろう。でもブレてなーい。

※撮影 by FinePixF11









■18■ カミさん対策は我が子の健全な未来のため その2

・「イヤ、なんて言うか、そうやって抱っこしてる顔って、ある意味結婚式のときよりきれいだと思って」などと照れながら撮ってみる。赤子に見抜かれるような気がするので本心でそう思ってないなら言わない方がいいだろう。

・カミさんが心ゆくまで化粧や自分の身の回りのことができるように休日くらいは我が子の面倒を授乳以外ほぼ全面的に引き受ける。父親なのに抱っこした時点で我が子に泣きじゃくられるようだったら将来危ないかも(脅してどうする>私)。

・撮れたカミさん入りの写真を見せながら「この写真残しといていい?」「ダメ」「これは?」「あ、これは結構いいかも」てなカンジでひたすら素顔の妻を美しく撮る練習をする。
 ヒント:逆光気味の室内でうつむき加減の妻の顔を無理に明るく写そうとせず、我が子のみにほのかに光が当たるようにしてみるとか。後れ毛は使いようによっては色っぽさを演出できる(撮り方を間違えると貧乏疲れっぽくなる)。

・未だかつて谷間などにお目にかかったことのない妻だったとしてもこのときばかりは期間限定巨乳である。胸元を撮っておいて吉。


2006年01月11日掲載

<--Back     Next-->

F11


Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部