* 週刊フォトエッセイ*

撮れルンです! 2006

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

カメラ任せでどんどんモノクロで撮っちゃう。


写真
---> 拡大表示

ジャンジャン撮っちゃう。
※撮影 by FinePixS9000
※モデル 高山美穂子





■54■ カメラがカッコいいモノクロに見えるように撮ってくれる

 多くの人が「モノクロらしくてカッコいい」と思ってる写真は黒の部分と白の部分がハッキリクッキリ締まっていてその中間のグレーのグラデーション(階調)にモノクロならではの特徴がある。
 こういう雰囲気は単にパソコンソフトで色をとっぱらっただけじゃなかなか出せないのだ。パソコンソフトでカラー写真からカッコいいモノクロ写真を作り出すにはそれなりのめんどくささを必要とするんだね(参考ページ:モノクローム・タイ紀行より、[4]戦渦の爪痕残る、アユタヤ[5]タイ北部の独立国家、ランナー王朝)。

 最近のパソコンソフトは優秀になってきていて単に色を無くすだけじゃなくモノクロ写真ぽく仕上げてくれるものもあるようだけれど、やっぱめんどくさい。極度のめんどくさがりの私にとってはカメラさんが勝手にやってくれるんだったらどうぞお願いします、ってなるじゃん。

 それよりなにより、さらに重要なのはカラーとモノクロじゃ同じようなシーンを撮影しても実は構図だって違ってくるってところなのだ。






2006年10月11日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部