* 週刊フォトエッセイ*

撮れルンです! 2007

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

マニュアルフォーカスで背景の奧の方にピントをおいてみましたの図。


写真
---> 拡大表示

マニュアルフォーカスで顔のあたりにピントをおいてみましたの図。
※撮影 by FinePix S6000fd
※モデル 高山美穂子





■84■ マニュアルフォーカス!

 デジカメの切り札、顔認識機能が世に出回るようになってきて「もうポートレイト撮影ですること無いじゃん」と思うのは早計というものだ。

 一眼レフやネオ一眼にはマニュアルフォーカスというものがある。コンパクトデジカメでもマニュアルフォーカスが付いている物があるがレンズにピントリングという物が付いていないと実用としてはイマイチじれったい。

 そう。コンパクトカメラと一眼系カメラの最大の違いはもしかするとレンズのピントリングにあるんじゃないかとすら思えるほどで、だったら使わないで放置しておくのももったいない(どの部分がレンズのピントリングかは各レンズの説明書をご覧ください)。

 多少のコツと慣れは必要だけれど、これが扱えるのと扱えないのとではカメラに対するアプローチが大きく違ってくる。
 ピントリングの付いてるレンズがカメラに付いていたら一度オートフォーカスを解除してマニュアルフォーカスで撮影してみるとまた様々な発見があるだろう。




2007年05月30日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部