* 週刊フォトエッセイ*

撮れルンです! 2007

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

これが600万画素相当を縮小したもの。


写真
---> 拡大表示

これが30万画素相当。拡大画像は何も縮小してないもの。画素数による違いってあるのかな?(色合いや明るさは関係ないです)

※撮影 by FinePix F30





■89■ 記録画素数はどれを選んどけばいいの?

 よく訊かれることのひとつに『記録画素数』に関する物がある。デジカメは[6M]Fとか[3M]とか『ピクセル』を選べるようになっているけれどどれを選んでいいのかよくわからない、って質問だね。

 その前にまずピクセルのおさらいだ。

●参考記事:
 ■62■ オマケ その1:そもそもデジタル画像ってなにさ

 ピクセルとはデジタル画像を構成している最小単位のことだ。で、記録する画素数を選ぶってことは1枚の写真を何ピクセルで撮るかを選択するって意味である。

 このページ左側の写真を撮ったカメラ、FinePix F30の場合だと、横2848×縦2136ピクセル、つまり6083328、約6百万のピクセルの粒(600万画素相当)でできた写真を撮るか、それとも、横640×縦480ピクセル、すなわち307200、約30万(30万画素相当)のピクセルの粒でできた写真を撮るか、それとも、、、という選択を迫られてるわけだ。

 うわーん! どうしたらいいの?


2007年07月04日掲載

<--Back     Next-->

撮れルンです2007の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部