* 週刊フォトエッセイ*

撮れルンです! 2007

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

ちょいと顔に影が多すぎる。


写真
---> 拡大表示

一番弱い光量でフラッシュを少し。頬に光が入って明るさが出る。

※撮影 by FinePix S6000fd
※モデル:後藤真理子





■99■ ちょっと使って表情を変える

 左の写真をご覧いただきたい。

 上のはフラッシュなし。下のはフラッシュあり。光が壁に掛けてある絵画のガラスに反射してるでしょ。

 コツはフラッシュの光量を抑えて上品にまとめようと心がけることだ。

 わずかな光の差がこんなふうに表情を変えることもあるのでフラッシュが必要ないと思われるシチュエーションでも使ってみるといろいろな発見があるだろう。


※撮影協力:神楽坂ワインバー「ラ・ターシュ」















2007年09月19日掲載

<--Back     Next-->

撮れルンです2007の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部