* 連載フォトエッセイ*

撮れルンです! 2007

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

こうなってくるともう好みの問題ではありますが、こちらがスタンダードモード。


写真
---> 拡大表示

こちらはクロームモード。それぞれの色の特長がおわかりいただけるでしょうか。


写真
---> 拡大表示

こういうときにもクロームモードにしてみると実際に感じた鮮やかさを写真として残すことができる。

※撮影 by FinePix S6000fd
※モデル:後藤真理子

■102■ 濫用したくなるくらいクセになる色調選択

 色彩のバランスを選べるモードで遊び始めたら一番気をつけなくてはいけないのが自分のパソコンモニターの色調節だ。

 前にも書いたけれど、写真を撮るのが楽しくなってきたらとにかくパソコンのモニターには気をつけたい

 自分が気に入ってる色調のモードも他の人のモニターで見ると「このシーンでこの色ってヘンじゃない?」と見えてしまうこともあるのだ。

 一応そういうことも踏まえた上でパソコンのモニターを調節しつつ「ここぞ!」というときに適したシーンを選べるともっと写真の楽しさが増すんだね。

 色に感動して写真を撮ろうと思ったら色調やホワイトバランスを変えていろいろ撮っておいて、あとで「この色の感じが一番印象に近い」ってのを選ぶとよいだろう。

 パソコンでのレタッチはプロでもヒーヒー言いながらやってるような作業なわけで、どうせなら始めからイメージに近い写真が撮れてる方がラクだ。













2007年10月17日掲載

<--Back     Next-->

撮れルンです2007の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部