* 連載フォトエッセイ*

撮れルンです! 2008

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

その1


写真
---> 拡大表示

その2

※撮影 by FinePix S100FS
※モデル:山岡祐子





■120■ 人肌にこだわるシーンポジション

 FinePix S100FSには人物を撮ろうってだけで『ポートレート』『ポートレート ソフト』『ベビー』『美肌』と4つもシーンポジションがある

 そ、そんなにあっても! ってときは実際に撮ってみて比較するしかない。

『ポートレート』と『ベビー』がネガフィルムをシミュレートした階調感のある画作りになっていて、『ポートレート ソフト』と『美肌』は押さえた発色となめらかさに特徴があるリバーサルフィルム『ASTIA』がシミュレートされている。

 『ベビー』は本来は室内でもフラッシュをたかずに赤ちゃんや子供をキレイに撮るモードなのでこの左側のシーンは想定外ではある。

 モデルが元々肌のきれいな祐子さんなので単に全部キレイに撮れて終わり、だったら私がモデルやればよかったですか? ってとこだが、なめらかさや色味で比較してみて欲しい。


●その1
 上から、
『ポートレート』
『ポートレート ソフト』。

●その2
 上から、
『ベビー』
『美肌』。

 さぁ、違いがわかるかな?


2008年07月16日掲載

<--Back     Next-->

撮れルンです2008の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部