* 連載フォトエッセイ*

撮れルンです! 2009

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

ズンズン引いていくと実は都会のオアシス。




写真
---> 拡大表示

今回はコレ!

※撮影 by FinePix S100FS
※モデル:山岡祐子


■135■ いっぱい撮ってどれを選ぶ?<その7>

 撮影場所を説明するような背景を捨ててアップにしてしまえばスッキリした写真になるので安直にズームレンズを伸ばしがちだ。


 しかしそればっかりだと同じような写真の量産になってしまうし、「で、どこ行ったんだっけ?」「てゆーか、それならどこで撮っても一緒」てなことにもなりうる。



●左の縦長画像の上から;


  1. 人物メインの写真ならこれくらいの背景切り捨て感が欲しいところではある。


  2. 頭も足もハンパっぽく切れてしまっているけれど、その切り方がとても難しい。


  3. 落ち着きがあるってことは動きはないって意味でもある。


  4. 記念写真とするならこれくらいがベスト。


  5. よく見れば背後の木の生い茂る向こうには団地があるのだが、それは木々で必死に隠して左側の文化的な建物だけを背景に入れクールなイメージをどうにかキープ。


























2009年3月4日掲載

<--Back     Next-->

撮れルンです2009の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部