* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers
東京レトロフォーカス


  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

飯田橋のフレンチ・レストランで、フランスの名レンズを使ってのスナップ。絶対的な光量が不足しているために粒子が荒れている(本来スペリア400は優れた粒状性を持っている)。アンジェニュー35mmの最短撮影距離はおよそ50cmで、現代の目で見れば「ぜんぜん寄れない広角レンズ」。エクサのシャッターは最低速が1/25秒という、笑ってしまうようなロースペック。しかもスクリーンは全面マットでピントもよくわからん。細かいことを気にしていても始まらないぶん、モデルの表情に集中できるんだけど、それなら『写ルンです』でも一緒か。
data:Ihagee EXA ver.1 + Angenieux Retrofocus Type R1 35mmF2.5  1/25sec. F=2.5 FUJICOLOR SUPERIA400



写真
---> 拡大表示

前の作例とおなじ条件でのスナップ。カメラボディのエクサには真上から覗くウェストレベルファインダーを付けてあるので、タテ位置の構図は横から覗くスタイルになって、撮りにくいことおびただしい。天井の白熱灯と窓からの自然光が入り乱れて発色が不安定だけど、このカットは絵画のようで気に入っている。画面右端の露光ムラの原因は不明、これは前出の作例にもあった。エクサのシャッター(プリミティブなミラーシャッターだ)の作動不良だろうか。
data:Ihagee EXA ver.1 + Angenieux Retrofocus Type R1 35mmF2.5  1/25sec. F=2.5 FUJICOLOR SUPERIA400



写真
---> 拡大表示

●今週のお題:
『アンジェニュー・レトロフォーカスR1』
広角レンズの設計に革命を起こした名レンズ。およそ半世紀前、一眼レフカメラの台頭とともに登場した。一眼レフは「撮影レンズを通して画面が見られる」という利点を持つ反面、広角レンズの設計が難しいという問題を抱えていた。焦点距離が短い広角域では、レンズ後群がフィルム前面に配置されたミラーと干渉するからである。フランスのレンズ設計者ピエール・アンジェニューはこの解決策として、レンズ構成を通常の対称形とせず、望遠レンズを逆にしたスタイルの非対称構成を発案、光学系を前方に追いやることに成功した。以後この型式は一眼レフ用広角レンズの主流となり、アンジェニュー社の商品名である『レトロフォーカス』もこのタイプの一般名詞として用いられている。写真のカメラボディは旧東独・イハゲー社の『エクサ』バージョン1。 data:Nikon F90 + Micro Nikkor 105mmF2.8  1/60sec. F=5.6 FUJICHROME ASTIA(RAP)

船出の前に(1)

 写真家の蜷川実花さんとおしゃべりをしていたときのこと。
 あの写真はどのレンズで撮ったのか、どんなカメラを使っているのか、という僕の話をさえぎって、彼女は「カメラなんて何使っても一緒!」と言い切った。
 それはどんな機材を使ってもおんなじ写真が撮れる、という意味ではもちろんなかったのだけど、彼女の言葉はそれ以来ずっと僕のアタマのなかに残っている。

 はたして写真を撮るという行為と、写真機材を選ぶという作為は、本質的に違うことなのか。
 違うとすれば、両者の接点はどこにあるのか。

 まあたいした意味があるとも思えない論点だけど、そういう部分にこだわりたくなるのが趣味というものかもしれない。
 もっと軽く考えれば、その日の気分で機材を変えると、撮る写真も違ったものになるのだろうか。
 これはもちろん違うだろう。でもそれはアマチュアが趣味で撮る写真の話であって、プロは最初から結果をイメージして機材を選ぶものだ。仕上がりや撮影条件から逆算してチョイスするのだから、出来上がった写真はカメラやレンズに影響されない。影響を受けたとしたら、それはプロとしてある種の敗北である。冒頭の蜷川実花さんの言葉には、こういう意味も含まれている(のだと思う)。

 ところが趣味の写真家には逆転の発想として、選んだ機材に合わせた写真を撮るという道がある。それは靴が変われば散歩のコースが変わるとか、服を変えると飲みに行く場所が変わるとか、ギターを持ち替えると弾くリフが変わるとか、まあそういう次元のハナシだけど、これを追求してみるのも面白そうだ。
 そして、そういう気まぐれな機材選びには、現代の万能カメラよりも昔のクセのあるカメラの方が向いているはずだ。
 というわけで、デジタル隆盛のこのご時世にレトロでクラシックなアナログ写真機を持ち出すタテマエ、というか屁理屈、または言い訳が出来上がった。

●作例モデル:脊山麻理子(せやま・まりこ)


2002年05月01日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部