拡大写真
ミール20はお手軽価格の高性能レンズだが、使いこなしにはちょっとコツがいる。超広角の強烈なパース(遠近感)を意識して視点を決めないと建物は不自然に傾くし、96度という画角は画面内に光源を拾いやすい。よく「ロシア物は逆光時に弱く、フレアやゴーストが防げない」といわれるが、僕が所有する物品はそれほどひどくない。とはいえやはり注意は必要で、前回の作例でも指摘した画面隅のモヤモヤ(この作例では下側の両端)は絞り込んでもあまり改善されない。まあこのあたりは個体差もあるので、断定はできないけど。
data:Fujica ST605 + KMZ MC MIR-20M 20mmF3.5  1/30sec. F=5.6+1/2 FUJICOLOR SUPERIA100
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部