拡大写真
手ブレと被写体ブレの合わせ技(笑)。大きな木製のベンチはれっきとした工芸館の展示物だけど、誰でも座っていいことになっている。こういう展示は良いですね。ところでこの『国立近代美術館・工芸館』の建物は戦後20年以上も荒れ果てたままで放置され、改修を受けて現在の姿になった。外見から想像するほど様式感のある内装ではないのがちょっと残念、ただしデジカメ以外なら撮影もオッケーで、これは有り難い。写真を撮る場合はいちおう受付で断って、周囲の邪魔にならないようにしましょう。
data:Leica M3 + Summilux 50mmF1.4  1/8sec. F=1.4 FUJICHROME ASTIA(RAP)
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部