* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers
東京レトロフォーカス


  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

モスクワの6×9はアパチャーの形状からこのように角丸の画面となる。左辺と下辺の枠がボケているのは、おそらく圧板が密着せずにフィルム面が浮揚しているため。これはピントにも悪影響があるはず。直すのは簡単だけど、面白いからそのままにしてある。画面に水分を含んだ空気が漂うような1枚。35mmフィルムのカメラはもちろん、最新の中判カメラでもなかなかこういう絵にならない。
Mockba-5 + Industar-24 105mmF3.5 FUJICHROME PROVIA F (RDPIII) Exposure Data:1/100sec. F=5.6



写真
---> 拡大表示

●プチ連載:
『マリコのphoto diary #3』
夏が始まるちょっと前の逗子の海の水って一番きれい。波に揺られた砂底が見えるくらい澄んでいて、水はひんやり冷たくて、波打ち際を裸足で歩くと本当に心地よい。たまにやどかりも歩いている。(撮影:脊山麻理子)
Retina IIIc + Rodenstock Heligon 50mmF2 FUJICOLOR SUPERIA400 Exposure Data:Unknown



写真
---> 拡大表示

●今週のお題:
『モスクワ−5(インドスタール24)』
軍艦部トップの造作は、左から巻き上げノブ(二重露光防止機構付き)、レリーズボタン、赤いロゴの右上が前蓋開放ボタン、青い四角の切り換えは6×9と6×4.5のファインダー視野枠切り換え。裏蓋にはフィルム送り確認用の赤窓(シャッター付き)が並ぶ。レリーズ以外の撮影操作はすべてレンズ側に集約されており、速写性には乏しいがシンプルで使い易いカメラである。スーパー・イコンタ譲りのドレイ・カイル式連動距離計については次号で。
Nikon FE2 + Micro Nikkor 105mmF2.8 FUJICHROME ASTIA (RAP) Exposure Data:1/15sec. F=16

 ジャバラの時代 #3

 優雅な蛇腹のシルエットが文字通り寫眞機のイコンであった時代は、おそらく二十世紀もさいしょの半分だけだろう。一世を風靡したスプリングカメラも、やがて死に絶える運命にあった。木と革の時代をながらく支えた蛇腹だったが、これに続く金属と樹脂の時代には、その華奢な構造はたぶん曖昧に過ぎたのだ。すくなくとも、より高度な制御と自動化を目指すカメラ技術者たちにとって。
 ブローニーフィルムを使用するスプリングカメラを例に、蛇腹の欠点、というか限界を考えてみよう。
 第一に、ボディとレンズの機械的な結合が難しい。ほとんどのスプリングカメラはシャッターをレンズ側に組み込んでいたのだが、蛇腹はレンズとボディの間の光路をふんわりと覆うだけだから、ボディ側のレリーズボタンとは長いリンクでつないで連動させねばならなかった。
 オン/オフのみのレリーズはこれでよいとして、距離計との連動は難題だ。ボディ側のファインダーで得た距離情報をどうやってレンズに伝えるか? 少数の例外を除き、スプリングカメラでは距離計非連動が普通だった。撮影者は距離計の示した数値を読み取り、レンズ側の目盛りをこれに合わせることになる。文字で書くと簡単だけど、これでは速写性を放棄したも同然だ。
 第二に、構造部材としての問題がある。蛇腹それ自身には強度がまったく期待できず、精度が要求されるレンズの支持は別の部材で行わなければならない。スプリングカメラではこの役割を前蓋と『タスキ』と呼ばれる金属のフレームに負わせていたのだが、レンズはなるべく軽く小さく、単純な構成のものしか選べなかった。ここに充分な強度を持たせれば重量増加が避けられず、蛇腹を使うメリットは半減するからだ。
 第三に、蛇腹自身の耐久性の問題がある。雨に濡らすことは厳禁であり、ただ伸縮を繰り返すだけでも折り目の部分から劣化が始まる。酷使しても五年や十年は持つはずだが、穴の空いた蛇腹ほど始末に負えないものはない。
 そして最後に、システムの発展性が絶望的に乏しい。スプリングカメラはある意味で自己完結した潔い形態なのだけど、一眼レフが主流となる二十世紀の後半、レンズ交換のできないカメラに大枚を払おうというお客は減るいっぽうだった。
 こうした欠点は、金属製のカメラでは容易に克服できることばかりである。だからジャバラは主役の座をメタルに譲り、静かに表舞台を去っていった。二十世紀後半に消えた蛇腹の消息を尋ねれば、大判カメラや引き伸ばし機などにその命脈を伝えるのみであった。

●作例モデル:脊山麻理子


2002年07月17日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部