* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers
東京レトロフォーカス


  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

中判のスプリングカメラは風景写真に用いられることが多い。万事に天の邪鬼な僕はこれでポートレートを撮っているのだけど、これがなかなか良い。6×9で105mmレンズの画角は35mmフィルムを使うカメラで45mm相当(ややこしいね)。つまり画角の上では標準レンズなのだが、パース感は35mm判の中望遠と変わらないため、人物撮影にも好適なレンズといえる。これは日没直前に撮った一枚で、シャッタースピードは手持ちの限界に近い。
Mockba-5 Industar-24 105mmF3.5 FUJICHROME PROVIA F (RDPIII) Exposure Data:1/50sec. F=5.6



写真
---> 拡大表示

●プチ連載:
『マリコのphoto diary #4』
この二人(一人と一匹)を観て昔読んだマンガを思い出した。主人公の女の子が失恋したその日に飼っていた猫も居なくなって落ち込んでいると、その夜突然理想の男の子が現れるの。たぶん、実はその男の子はその女の子のことが大好きな居なくなった猫で、人間の男の子に姿を変えて彼女のもとに戻ってきたらしく、その後めでたく幸せに一緒に暮らした、という話。このわんちゃんもきっとそうだよ。いいなあ。(撮影:脊山麻理子)
Retina IIIc Rodenstock Heligon 50mmF2 FUJICOLOR SUPERIA400 Exposure Data:Unknown



写真
---> 拡大表示

●今週のお題:
『モスクワ−5(インドスタール24)』
モスクワシリーズのピント調節はすべて共通で、オリジナルのスーパーイコンタと同一の『ドレイ・カイル式連動距離計』による。これは通常ボディ側に内蔵されるレンジファインダーの一部を分離し、レンズ側に置いたものといえる。レンズの横に付き出た虫眼鏡のような部分は二枚のカイル(楔形プリズム)で構成され、レンズ外周またはプリズム基部のピントリングに同期してカイルが逆方向に回転する。ボディ側の距離計ファインダーとは空間で光学的に結ばれ、いっさいの機械的結合を持たない巧妙な仕組みである。蛇腹収容時にカイルは180度反転して折り畳むことができる。
Nikon FE2 + Micro Nikkor 105mmF2.8 FUJICHROME ASTIA (RAP) Exposure Data:1/15sec. F=16

 ジャバラの時代 #4

 2002年の春、僕の手元に一台のスプリングカメラがやってきた。
 ネットオークションで競り落としたそれは、旧ソ連製。ソヴィエトおよびロシアの首都の名を冠したシリーズの最終作である。稀少なオリジナル・ブラックペイントという触れ込みだったが、まあこれは眉唾もの。機体のシリアルナンバーから製造年をあたる* と、どうやら1959年製のようだ。今から40年以上も前の製品だが、この時代すでに西側諸国で蛇腹カメラは過去の遺物になりかけていた。
 手元に届いたカメラは例によってマニュアルも何もない状態** だったけれど、このカメラの原型となったドイツ製品には触ったことがあったので、それほど悩まずに済んだ。つまり旧ソ連製カメラによくある西側コピー製品で、その原型が開発されたのは1934年である。入手したカメラはロシア人の手によってモダンな意匠にリニューアルされたものだが、構造そのものは原型のカメラとほとんど変わらない。ちょうど四半世紀ぶん進化から取り残されているわけで、まるでシーラカンスだ。
 そういえば僕はずっと、蛇腹のカメラを避けて通ってきた。クラシックカメラを扱うお店でも、蛇腹の付いた製品は“壁のシミ”のように意識から排除し、その前で立ち止まることはまずなかった。ずいぶんと失礼な話だが、理由はある。
 それは、懐古趣味ではなく純粋に撮影のためのカメラを探している僕にとって、蛇腹カメラはどうも今ひとつ実用性に欠けるような気がしたからだ。撮影の前にいちいち蛇腹を展開する儀式はただ面倒なだけに思えたし、蛇腹の先っぽにちょこんと付いたレンズをみると、なんだ三枚玉か、レンズシャッターか、とほとんど侮蔑してしまうのだった。ますます失礼な話だ。
 カメラでもギターでもそうだけど、ヴィンテージものの趣味にはどこかで線が引かれる。古ければ古いほど良いというものではなくて、この線を越えると単なるインテリア、という境目がある。その頃の僕の境界線は、ちょうど蛇腹が終わったあたりに引いてあったのだろう。
 ところが、古典カメラがあるていど手元に集まると、視線は自然に蛇腹に向いてくる。壁のシミが実体をともなったカメラに見えはじめ、やがて光を放つようになる。三枚玉やレンズシャッターも妙に魅力的に思えてきて、高速シャッターが1/250まで、なんていうスペックでも許せてしまう。
 そうやって僕は境界線の位置を引き直したのだった。

 はじめて所有するスプリングカメラは、どこか懐かしい匂いがした。
 おぼろげな記憶を辿って軍艦部のボタンを押すと、前蓋が開いてするすると蛇腹が伸び、レンズがぱちん、と固定された。
 蛇腹が伸びるときに吸い込まれる空気の音が聞こえたような気がした。

(この項終わり:次回よりウェルチーニ&レチナ編)

●作例モデル:脊山麻理子

*注1:旧ソ連およびロシア製の光学製品はシリアルナンバーの最初の二桁に西暦の末尾を振る慣習がある。稀にゼロで始まる機体があるが、これは試作品であるという。

**注2:余談だがクラシックカメラ趣味でいちばん問題なのは、このマニュアルの欠如ということ。操作そのものは単純でも、絶対にやってはいけないお作法がある。禁じ手が集中するのはシャッター関係で、特に旧いレンズシャッターは要注意。シャッターをチャージした後は速度設定を変えてはいけない。壊れます。


2002年07月24日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部