拡大写真
●今週のお題:
『ペンタコン(コンタックスD)+M42レンズ』
戦前のRFコンタックス(をソ連で製造、基本はそのまま小改良した『キエフ4』)とペンタコン/コンタックスD、そしてM型ライカを比較する。M型ライカのボディは両コンタックスとほとんど同一サイズ。ライカM3は1954年の発売だから、先行するコンタックスRF・SLRを意識しなかったといえば嘘だろう。この3機種はそれぞれ現代のカメラに引き継がれる機構を持つが、いちばん地味なのがライカだといったら石が飛んでくるだろうか。こうして並べるとペンタコンのミラーボックスは“後付け”のようにも見える(ただしボディの重量はもっとも軽い)。
Nikon FE2 + Micro-Nikkor105mmF2.8 FUJICHROME ASTIA (RAP) Exposure Data:2sec. F=16
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部