拡大写真
●今週のお題:
『ペンタコン(コンタックスD)+M42レンズ』
ビオターとヘリオスのいちばんの違いはコーティングにあるのかもしれない。ペンタコンのミラーボックスはご覧のようにマウント径ぎりぎりの設計で、ボディの小型化に意が注がれたことがわかる。なお上記作例のレンズ比較について附記しておくと、ペンタコンは内面反射対策が充分でないため、比較撮影にはフジカST605を使用した。フィルムからのスキャンは同条件で行い、後処理も同じ条件で最小限に留めている。ただしクラシックレンズには製造時の個体差の他に経時変化によるコンディションの差が必ずあり、また撮影条件やフィルムとの相性による差も無視できない。限られた条件の比較で結論を出すのは控えたい。
Nikon FE2 + Micro-Nikkor105mmF2.8 FUJICHROME ASTIA (RAP) Exposure Data:2sec. F=11
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部