* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers
東京レトロフォーカス


  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

新年第1回はエキザクタとアンジェニューで原宿散歩。今回の撮影は天候不順で3回順延、4度目の正直でカメラにふくれっ面をしてみせる麻理子ちゃん。この90mmは以前から使ってみたかったレンズだけど、なかなか良い物品に巡り会えず今回は借り物。ヴァレックス現役時代の大口径レンズなので絞り開放付近の描写はどうか、と思ったら意外にコントラストのある現代的な描写である。
Ihagee EXAKTA Varex IIa + Angenieux Y12 90mmF2.5 FUJICHROME ASTIA (RAP) Exposure Data:1/150sec. F=2.8+1/2



写真
---> 拡大表示

お気に入りのエクサを首から下げた麻理子ちゃんをヴァレックスで撮る。上の作例より約1段アンダーになっている(ヴァレックスのシャッター速度は今風の倍数系列ではない)。シャドーが濁らず発色も良い感じだが、アンジェニューらしさにはちょっと欠けるような気もする。これを貸してくれた友人は「アンジェニューは広角に限る」と言っていたが、う〜んどうなんだろう。
Ihagee EXAKTA Varex IIa + Angenieux Y12 90mmF2.5 FUJICHROME ASTIA (RAP) Exposure Data:1/250sec. F=2.8+1/2



写真
---> 拡大表示

●今週のお題:
『エキザクタ・ヴァレックス』
メタルの冷たい輝きとオーガニックな曲面が異彩を放つエキザクタ・ヴァレックスの軍艦部。工芸と機械信仰が融合して生まれた美の、これはひとつの極致だと思う。数字が刻印されたシャッターダイヤル下部のレヴァーはフィルム巻き上げ用。レヴァー巻き上げはM型ライカに先んじたものの、回転角はおよそ300度ほどもあるから速写性には乏しい。レヴァーの付け根外周の目盛りを刻んだリングはフィルムカウンターで、フィルム装填後に斜め左上の矢印を刻んだダイヤルでゼロを合わせる。便利で間違いのない自動復元式カウンターが登場する前の古典的メカだが、このダイヤルの感触が素晴らしい。まるで精密な機械式時計のリューズを巻くようだ。
Nikon FE2 + Micro-Nikkor105mmF2.8 FUJICHROME ASTIA (RAP) Exposure Data:2sec. F=11

 デザインの時代 #1

 マカロニ・アンモナイト読者の皆様、新年あけましておめでとうございます。今年も頑張って旧いカメラで写真を撮りましょう。

 私事で恐縮だが、ここのところカメラ散歩に出る機会が減っている。新しいカメラが届いてもなかなかフィルムを詰めての実写ができない。部屋にはそういう試写待ち物品が山になってきて、なかにはテスト撮影が途中で中断したままのものまであって、まったく困ったものである。
 ものの本によると、クラシックカメラの愛好家には写真をあまり撮らないひとが多いという。特に重傷のライカマニアにその傾向が強いらしい。極端なひとはフィルムをほとんど通していないことがジマンだそうで、なかには新品未開封のM3やIIIgを(ビニールのパックを破かずに)そのまま持っている方もいらっしゃるとか。これを批判する向きも多いようだが、当のご本人にとってはそれが幸福というもの、他人に後ろ指をさされる謂われはないだろう。思い入れのある物品を完全な形で保存する。それも趣味のひとつのあり方である。
 そういうコアなコレクターは別として、ごくふつうの愛好家にも「古典カメラは触っているだけで満足できる」というひとは多い。金属の質感はどこかメカ好きの琴線に触れるところがあるし、機械仕掛けの精密な作動感触に耽溺するマニアもいる。古典機の愛好家には女性もいるけど、この機械フェチ症候群は男性に特有のものらしい。恥をしのんで書くと、僕もそうである。
 って、とっくにバレてるか。

 旧いカメラのもうひとつの愉しみとして、デザインや設計のコンセプトを想像する、という遊びがある。このスイッチはなぜこんなところに付いているのか。この曲面にはどういう意味があるか。どんなにアタマを捻ったところで、設計者はすでにこの世の人でなかったりして、正解には容易にたどり着けない。尤もらしい答えを並べたところで、写真が巧くなるなどの特典もない。そうやって古典カメラが現役だった時代を追体験しているだけである。
 それでもこういう遊びが愉しいのは、昔のカメラに設計者のアイデアや思い入れや迷いが詰まった部分がたくさんあるからだ。現代のカメラでは唯一ゼッタイの答えが瞬時に得られるのに対し、昔のカメラは複数の解をいろんな方程式で解いていた、という感じ。これはアナログ趣味というよりアナクロ趣味というべきだろうか。
 だから古典カメラはあれこれ弄っているうちに撮影するヒマがなくなる、というのは冗談にもならない言い訳だけど、ごく稀に“写真が撮れなくても良いか”と本気で思える物品がある。デザインが機械としての機能を超えて妖しい光を放つカメラ。僕にとっては『エキザクタ*』がそうだ。個人的に“世界でもっとも美しい一眼レフ”と思う東独のカメラである。

●作例モデル:脊山麻理子

*注)EXAKTAを英/独語で発音すると『イグザクタ』『エクザクタ』が正しい、というか、ネイティヴ発音に近いはずだ。ところが日本では『エキザクタ』が一般化している。これは戦前にこのカメラを輸入していた業者が広告などでそう表記していたあたりに起源があるらしい。まあどっちにしても欧文のカタカナ表記には限界があるので、ここでは一般的な表記を採用した。


2003年01月08日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部