拡大写真
●今週のお題:
『エキザクタ・ヴァレックス』
これほど見事にデザインされた底面を持つカメラは空前絶後だろう。三つの円を繋ぐクロームのラインは画家カンディンスキーの好んだモチーフそのものだ。このモールはシャシーのダイカストと裏蓋に直接メッキされており、アルミ合金にメッキする技術はこの当時確立されていなかったはずだから、材質は亜鉛合金か? エキザクタは重いカメラとして知られるが、イハゲー社は軽量化より強度とデザインを優先したのだろう。裏蓋に設けられた枠と小さな四角は、それぞれフィルム圧板とスプロケットギアの逃げ。
Nikon FE2 + Micro-Nikkor105mmF2.8 FUJICHROME ASTIA (RAP) Exposure Data:2sec. F=11
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部