* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers
東京レトロフォーカス


  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

蘇州の名園、拙政園にて。ここは明の時代に造営された広大な庭園で、およそ5ヘクタールの敷地には多くの池や堀がしつらえられ、美しい建築が遺る。今回の撮影ではカラー・モノクロでネガフィルムを多用したが、Newプロ400の滑らかでニュートラルな描写は特に印象に残った。
Kiev 4a + LZOS Jupiter-12 35mmF2.8 FUJIFILM NewPRO400 (PN400N) Exposure Data:1/125sec. F=5.6



写真
---> 拡大表示

キエフRFとジュピター12、そしてNewプロ400の性能が遺憾なく発揮されたショット。木立の枝振りの繊細な表現や肌のグラデーション、そして立体感の表現などはちょっと文句の付けようがない。古典的な機材も最新のフィルムで甦るという好例だと思う。
Kiev 4a + LZOS Jupiter-12 35mmF2.8 FUJICHROME PROVIA400F (RHPIII) Exposure Data:1/125sec. F=5.6



写真
---> 拡大表示

●今週のお題:
『キエフRF』
前出のジュピター12+キエフIIを裏返した図。4群6枚構成のレンズは大半がボディに潜り込み、後玉とシャッターの幕面には数ミリの透き間しかない。可動ミラーを持つ一眼レフでは不可能な設計だ。ボディのファインダー接眼窓は驚くほど小さく、アイポイントもたいへん短い。眼鏡使用者には不便だろう。構図決定用の外部ファインダー基部に見えるダイヤルはパララックス補正用(レチナとはレンズの位置関係が異なるので補正の精度は落ちる)。
Nikon FE2 + Micro-Nikkor105mmF2.8 FUJICHROME PROVIA100F (RDPIII) Exposure Data:2sec. F=16

 キエフへの道 #3

 高性能カメラの発売とオリンピックの開催がシンクロするのは、なにか歴史のお約束のようである。これは報道需要とメディアへの露出によるPR効果を意図してのことだが、1936年のベルリンではすこし事情が違った。技術的優位の喧伝が国家規模で行われたのだ。
 コンタックスがII型へと転換した背景には、政治的な意図がすくなからず働いていた。時の政権を握るナチス総統アドルフ・ヒトラーが“国家の威信を懸けてオリンピックの映像を記録せよ”との厳命をくだしたからである。ドイツ国家の威信を懸けた映像とは、すなわち先進技術のショーケースでなければならない。この命題に取り組んだカール・ツァイスが、当時世界最高の光学技術を惜しみなくつぎ込んで完成したのが、“オリンピアゾナー”と呼ばれる大口径望遠レンズだった。
 4群4枚、焦点距離18cm、口径比2.8という仕様は現在ではごく月並みとはいえ、これを超える製品もあまり存在しない。もちろん1936年の時点では夢のようなスペックだ。
 このレンズはムーヴィーおよびスチールのカメラに取り付けられ(フィルムサイズは両者共通)、それまでの常識を覆す驚異的な映像を記録していく。特にムーヴィーカメラでは女流監督のレニ・リーフェンシュタールが指揮した記録映画『民族の祭典』に用いられ、その威力を遺憾なく発揮している*。
 いっぽうのスチールカメラではピント合わせが問題となった。この時代に純ドイツ製の小型一眼レフは存在せず(エキザクタで知られるイハゲー社はオランダ資本)、距離計連動機と大口径望遠レンズの組み合わせでは正確なピントを得ることが難しい。じっさい、この怪物レンズをなんとか運用できそうなのはコンタックスだけだった。キュッペンベンダーが設計したコンタックスI型の光学距離計はカメラボディの幅を目一杯使った、ほとんど非常識な長さの基線長**を持っていたのだ。
 望遠レンズでのピント合わせはI型でも解決できそうだったが、問題は操作性にあった。I型のシャッターダイヤルと巻き上げノブはカメラの前面に置かれており、その感触も到底スムーズとはいい難い。また巻き上げの度にファインダーから目を離してカメラを持ち直さなければならず、速写性に乏しかった。
 キュッペンベンダーに代わってこのカメラの設計改変を担当した技師、フーベルト・ネルヴィンは同軸のシャッターダイヤルと巻き上げノブを軍艦部に移設し、巻き上げトルクも軽くして速写性を高めた。またファインダー部の倍率を高めてピント精度を上げ、オリンピアゾナーの装着に備えた***。さらにI型で別々だった構図用ファインダーと距離計ファインダーを一体化させ、構図決定とピント合わせをひとつのファインダーで可能とした(この設計変更はキュッペンベンダーの手になるという)。構図決定は標準レンズのみの対応だが、ライカがこの一眼式レンジファインダーを搭載するのはそれから18年後のM3からだから、コンタックスの先進性は群を抜いていた。
 こうして実用性を高めたコンタックスII型は、世界が注視するオリンピックの舞台で華々しいデビューを飾る。天才の狂気は薄められたものの、その精緻なメカニズムはドイツ国家の威信を高めるに充分以上のものを持っていた。

●作例モデル:脊山麻理子

*注)レニ・リーフェンシュタール(1902〜)は元ダンサーで女優、後に映画監督となる。彼女の才能に感銘を受けたヒトラーはナチスの宣伝映画の制作を依頼、特にニュルンベルク・ナチス党大会を記録した『意志の勝利』(1934)はその映像美とヒトラーのカリスマ性が結びついた傑作だ(その強力なプロパガンダ性ゆえに戦後ドイツでは未だ上映禁止)。戦後はナチス協力者として投獄され、映画界から事実上追放されるが、ドキュメンタリー映像の制作を中心に活動を続けている。ちなみに1993年に制作された伝記映画『レニ』では、ベルリン五輪撮影の逸話として「ツァイスが開発した新型レンズが強力な武器になった」という彼女自身のコメントが紹介されている。

**注2)光学距離計の基線長とはふたつの対物レンズの間隔を指し、これが長いほど測距精度は高くなる。コンタックスI型の基線長は実に103mm(途中で93mmに短縮)という長大なもので、同時期のライカ(基線長38mm)に比べれば優位は明らかであった。ただし実際に測距精度を決めるのは基線長にファインダー倍率を掛けた「有効基線長」で、コンタックスI初期型のそれは103mm×0.5倍=51.5mm、II型およびキエフ各型は 89.5mm×0.7倍=62.65mmである。

***注3)コンタックスII型にオリンピアゾナーを装着した場合、絞り開放付近や近接でのピント精度は充分といえない。このため同レンズには「フレクトスコープ」と呼ばれるミラーボックス(ライカのヴィソフレックスに近似した製品)と一体化した仕様も用意された。


2003年04月16日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部