拡大写真
●今週のお題:
『キエフRF』
前出のジュピター12+キエフIIを裏返した図。4群6枚構成のレンズは大半がボディに潜り込み、後玉とシャッターの幕面には数ミリの透き間しかない。可動ミラーを持つ一眼レフでは不可能な設計だ。ボディのファインダー接眼窓は驚くほど小さく、アイポイントもたいへん短い。眼鏡使用者には不便だろう。構図決定用の外部ファインダー基部に見えるダイヤルはパララックス補正用(レチナとはレンズの位置関係が異なるので補正の精度は落ちる)。
Nikon FE2 + Micro-Nikkor105mmF2.8 FUJICHROME PROVIA100F (RDPIII) Exposure Data:2sec. F=16
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部