* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス

  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

いくらなんでも季節が合わなくなってきたので、上海ロケの写真はこれでおしまい。最後はおなじみ、外灘の夜景です。ううむ、点光源に絞りの形が出た……(今週はキエフと関係ない写真でごめんなさい)。
Leica M3 + Noktilux 50mmF1.0 FUJICOLOR NewPRO400 (PN400N) Exposure Data:1/30sec. F=2.8



写真
---> 拡大表示

夏向きに、涼しげなレストランのテラスにて。評価の高いM3のファインダーでも、ノクチの開放で睫毛にピントを合わせるのはけっこう難しい。関係ないけど、なんでコンタックスマウントのライカレンズってないんでしょうね。 手首のハレーションがイイ感じ。
Leica M3 + Noktilux 50mmF1.0 FUJICOLOR NewPRO400 (PN400N) Exposure Data:1/30sec. F=1.0



写真
---> 拡大表示

●今週のお題:
『キエフRF』
コンタックス/キエフ眷属の行進。レンズを装着していない二台は戦後の西側ツァイス・イコン製。マウントは戦前型と共通だが、ボディ内部の造作が狭いため戦前型ビオゴンやジュピター12は装着不能。またヘリコイドの回転方向に対するファインダー内の二重像の動き、フォーカシングギアの回転方向はそれぞれ戦前型と逆なので、一度の撮影で両タイプを併用すると混乱する。(コンタックスII/ III/IIa 初期型機材提供=倉持伸之氏)
Nikon FE2 + Micro-Nikkor105mmF2.8 FUJICHROME PROVIA100F (RDPIII) Exposure Data:2sec. F=16

 キエフへの道 #12

 コンタックス/キエフのマウント構造は独特だ。他に類を見ない、と書こうと思ったらニコンSシリーズが同じ型式を採用していた*(最近ではコシナ・フォクトレンダーが復活させている)。
 内周と外周にそれぞれ独立した爪を持つこのマウントは、旧いライカのネジコミスレッド方式とも、今に続くM型のバヨネット形式ともまったく異なる成り立ちである。マウント内にヘリコイドを内蔵し、その回転角と光学距離計を連動させる方式なのだ。
 これはライカとそのフォロワーたちが採用したやり方、つまりレンズ最後端のカムがヘリコイドに合わせて進退し、距離計に連動したローラーを押す方式に比べて狂いが少ない。また内蔵ヘリコイドの回転トラベルにも充分なゆとりがあるため、ここでも精度を出しやすい。距離計の基線長やヘリコイドの回転角をたっぷりと取り、ファインダーで縮小しているのだから、誤差が小さいのは当然だ。
 加えてファインダー中央に現れる二重像のコントラストも高く、独特なフォーカシングギアを駆使した微妙なピント調節ができる。この精密な操作感はコンタックス/キエフユーザーだけの特権で、おおいに誇って良いと思う。
 ただしこの距離計には欠点もある。基線長をカメラボディの幅いっぱいに伸ばした結果、カメラを保持する右手の指が距離計窓を覆いやすいこと。分厚いガラスの吸収で視野が暗く、着色も強めに出ること。またマウントはレンズの脱着に一定のお作法があり、ライカなどのバヨネットに比べると迅速な交換は無理である。外爪を使う交換レンズではヘリコイドの回転負荷が二重にかかるため、フォーカシングギアも重くて使えないことが多い。
 コンタックスRF機のもうひとつの特長である、縦走行の金属シャッターはどうだろう。確かに精密なメカニズムが売りだけのことはあり、往時のライカなどと比べて特に高速側の精度は高いようだ。また布幕の欠点であるピンホールの発生もない**。レリーズの音質はスローの“ネズミ鳴き”が有名だが、高速側も含めてちょっと音量が大きい。
 問題はレリーズ時のショックである。これは布幕に比べずっと質量が大きい金属の鎧戸が動くためで、ある程度は仕方のないこととはいえ、スロー秒時ではブレを防ぐ注意が必要だ。またこの鎧戸を吊るリボンの耐久性はコンタックス/キエフのネックであり、撮影行では常にアタマの片隅に不安を抱えることになる。入手後に交換してしまえば、おそらく十年は持つだろうが……。
 こうした欠点をあげつらうのは簡単だし、きちんと整備されたM型ライカのスムーズな作動感触やクリアなファインダーを支持する声も理解できる。長焦点レンズのピント精度だって、一眼レフには太刀打ちできない。
 でも、そういう欠点を抱えながらなお人を魅了して止まない何かが、このカメラにはある。僕が思うに、それは戦前のドイツに充満していた、機械信仰を背景にしたある種の狂気が放つオーラである。
 そのオーラを引き継いだキエフは、やがて独自の道を歩みはじめる。

●作例モデル:脊山麻理子

*注1:ニコンSシリーズのレンズマウントはコンタックスRF機やキエフのそれと基本的に同一。ただし標準レンズの基準焦点距離が僅かに異なり、ピント位置がずれるためレンズの互換性はない(広角レンズでは被写界深度を利用して相互乗り入れが可能)。

**注2:ミラーを持たないRF機ではレンズを太陽に向けるとシャッター幕面に結像し、布幕では一瞬で穴が空く場合がある。これを防ぐには持ち歩くときにレンズキャップを嵌める癖をつけること。


2003年07月23日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部