拡大写真
●今週のお題:
『黄金期のソ連カメラ(5)』
真俯瞰で観るレニングラードはまったく違う表情を見せる。ボディ断面はアルファベットの「D」字形。1956年に発表されたこのカメラのデザインは、その数年後に登場するライカ初のSLR「ライカフレックス」に影響を与えた? そういえば扇形のフィルムカウンター窓も良く似た意匠ではある。大柄なジュピター9を装着したバランスは良いが、スナップ機としては少々大きすぎると思う。レリーズの位置はギリギリまで前に寄せられ、かつ嵩上げもされているものの、スプリングを収めるシリンダーが指に干渉してちょっと使いづらい。
FUJIFILM FinePix S2Pro + AF Nikkor50mmF1.4D Exposure Data:/4sec. F=16
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部