* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス

  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

幾何学パターンの世界にワープした麻理子? キエフ10は巻き上げレバーの動作にストラップ基部が干渉するため、こうやって指で挟み込んでホールドすると良い。ファインダーのアイポイントはこんなに長くありません。
Arsenal Kiev-15 + Mir-1 37mmF2.8 FUJICOLOR NewPRO400 (PN400N) Exposure Data:1/60sec. AE



写真
---> 拡大表示

キエフSLR用の標準レンズはRF時代のゾナーベースではなく、東独ツァイス・イエナの「ビオター」と同様の構成を持つ新レンズ、ヘリオスに進化した。これは延長されたフランジバックに対応するだけでなく、初期のゾナー型が持っていた欠点(非点収差や絞りによる焦点移動など)を克服する目的があったようだ。優秀なレンズだがボケ描写には僅かに芯が残り、こういう背景ではやや荒れる。
Arsenal Kiev-15 + Helios-81 50mmF2 FUJICHROME ASTIA100F (RAPF) Exposure Data:1/30sec. AE



写真
---> 拡大表示

●今週のお題:
『キエフ10』
キエフ10/15の最大の特徴は裏蓋を開けると現れる。合計6枚の金属ブレードで構成されたシャッター(写真では先幕3枚が見えている)は文字通り空前絶後の機構で、後にも先にも類似するものはない。この機構を含めボディ内部は見事な加工・仕上げを施されたパーツが整然と並び、往時におけるソ連工業力の充実ぶりが掌を通じて伝わってくる。通常と異なりフィルム給装用のスプロケットギアは片側のみ。
FUJIFILM FinePix S2Pro + Micro Nikkor 105mmF2.8 Exposure Data:/4sec. F=16

 恐竜の時代 #9

 キエフ10のデザインは、他のどんなカメラにも似ていない。これは本機が登場した1964年の時点においてそうだったし、21世紀の今も変わらない事実である。優秀なデザインが模倣を生んでトレンドをつくるのは世の常だが、それはユーザーの嗜好を後追いするマーケティング政策があってこその話だ。そういう意図がまったく見えないこのカメラの意匠にこそ、つくり手の純粋な想いや気概がストレートに表れていると思う。

 よく知られているように、キエフ10はソ連で最初のスペースカメラとして使用された。1965年3月に打ち上げられたボストーク(ヴァスホート)2号に搭載され、宇宙飛行士アレクセイ・レオノフによる船外活動に同伴して大気圏外から観た地球をフィルムに収めたという*。このミッションへの参加がどの時点で決定したかは不明だが、キエフ10のデザインはソ連の宇宙開発への取り組みを投影しているようにも見える。そういえば、映画「禁断の惑星(1956年/米国)」に登場するロボット、ロビーにも似ている(ウルトラセブンの「キングジョー」を想起するひとも多いようだ)。
 ごく最近に判明したことだが、実はこのカメラのデザインにはイタリアの著名なカロッツェリア(デザイン工房)が関与しているという。その工房はかのランチア・ストラトスを担当したベルトーネで、当時のチーフデザイナーだったマルチェロ・ガンディーニが自身初めてのカメラデザインに取り組んだ……と、これは嘘である。
 じっさいに誰がこのカメラの線を引いたのか、今に至るまで判明していない。1960年当時のイタリアは左翼系の勢力が強く、ソ連とも友好的な関係にあったから、上記の想像は意外に当たっているかもしれない。だが誰が手をくだしたにせよ、これは天才肌の人間がひとりで描いたカタチを忠実に立体化したはずだ。ペンタ部のセレニウム・セルを収める窓からレンズマウントを置くエプロン部、そして軍艦部のすべてにわたって台形のモチーフを執拗に反復し、破綻なく(破綻の半歩手前ともいえるが)まとめ上げた手腕は見事というほかない。しかもそれが単なる造形上の遊びに留まらず、機能と結びついているところが素晴らしい。
 例えば軍艦部上面には通常のカメラで配されているノブやレバー、ボタンがほとんど存在せず、ただひとつ大型のダイヤルが置かれただけだ。これはボディセンターからオフセットして設置され、左手の親指でシャッター速度をコントロールできる。レンズマウントの脇にある絞り設定ダイヤルを「A=オート」にセットすれば、ファインダーのメーター指針を見ながらシャッター速度を決定でき、他の煩雑な操作はいっさい不要になる。こうした一連の操作が直感的に、かつスムーズに行えるよう練り上げられた造形**は、カメラデザインが人間工学に直結した最初の例ではないだろうか?

 キエフ10のもうひとつの特徴はシャッター機構にある。これはエクステリア・デザイン以上に空前絶後といえるもので、なんと銅色に輝く扇形の(台形の!)金属ブレードが回転するというユニークなものだ。果たしてこの機構にはどんな意味が、どんなメリットがあるのか。その考察は次回にて。

※次号は「脊山麻理子さんのイギリス旅行編(1)」をお送りします。

●モデル:脊山麻理子

*注:「スペースカメラ=宇宙空間で使用するカメラ」には厳しい使用環境に対応した改変が施される。メカニカルな機構部に用いられる潤滑油などもそうだが、純粋酸素を多用する船内では火災を防ぐために樹脂製部品なども御法度で、金属部品に置き換えるなどの策が取られる(キエフ10では外装部品にいくつかの樹脂製パーツが使用されている)。レオノフの飛行に使用されたカメラにも大幅な改造が加えられていたようだ。

**注2:ただしこのカメラはデザインを優先するあまり設計上の無理も生じているらしい。これは内部機構の配置などを考察した専門家の言。

■本稿の執筆にあたってはロシアカメラ研究家の三枝史明氏が運営されるWebサイト『Old Soviet Camera Guide』より多くの示唆をいただきました。


2003年10月29日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部