拡大写真
ライカレンズの鬼っ子、テレエルマリート135mm。望遠域でピント検出精度に難のあるレンジファインダー機の弱点を克服する目的で企画されたもので、光学系はSLRのライカフレックス用レンズと同一。マウント部の「ゴーグル」に設けられたレンズが、M型ライカのファインダーを1.4倍に拡大する(ファインダー視野枠は90mmのものを使用する)。これでピント精度は飛躍的に高まり、望遠域でも難なくピントが……合うようになれば、もっと人気が出ただろう。カナダライツが製作を担当したレンズで、これは1973年から数年間造られた前記型。
Nikon FE2 + Micro-Nikkor105mmF2.8 FUJICHROME PROVIA100F (RDPIII) Exposure Data:2sec. F=16
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部