拡大写真
からくり好きには堪えられないのが西独フォクトレンダーのカメラ。プロミネントは戦後の同社最高級機で、いっけん普通のボディには例によって「とんでもない仕掛け」が隠されている(これを説明するとものすごく長くなるので、詳細はまた別の稿にて)。写真は57年に発表されたIa型、装着レンズは50mmF2のウルトロン。戦前のシュナイダー社で数々の名レンズを設計したトロニエ博士の設計。トロニエは有名なノクトンの設計者としても知られるが、このウルトロンも素晴らしい出来映えだ。
Nikon FE2 + Micro-Nikkor105mmF2.8 FUJICHROME PROVIA100F (RDPIII) Exposure Data:2sec. F=16
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部