拡大写真
スクエアフォーマットカメラギャラリー、第1弾は僕の大好きなチェコのカメラを紹介しよう。メオプタ社の「ミローナ2」は第二次大戦直後の数年間に造られた目測フォールディングカメラで、コンパクトなボディは重量550gと超軽量。折り畳み式のニュートンファインダーをはじめとする各部の造作はシンプルそのものだが、なぜかレンズボードには1mmのチルトダウン機構が付いている(1型には非装備)。はたしてどういう用途を想定したのか? レンズは3枚玉のミラール80mmF4.5。使いやすくて良く写るカメラだけど、軽量ボディとレンズ側レリーズの組み合わせはブレを招きやすいので注意が必要。
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部