拡大写真
ハッセルブラッドはこの4つのパーツで構成される。型式名の500C/Mとは、実は真ん中のボディ(暗箱部分)を指しているに過ぎない。フォーカルプレーンシャッターを搭載したシリーズ(初期の1600〜1000F、中期の2000系そして現在の200系)と違い、この500系ボディはミラーボックスに近い。フィルムマガジンは引き蓋(遮光板)を装着しないと外れず、ピントフードはマガジンを装着した状態では外れない安全設計。ファインダースクリーンは初期の500Cでは固定、この500C/Mから交換が可能になった。
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部