* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス

  文・写真/中山慶太 --->Back Number  


写真
---> 拡大表示

型抜き用の高圧プレスマシン。表面処理の工程を経た革を必要な形に切り抜く装置だ。カメラ用の革ケースは十点前後のピースから成っており、それぞれ専用の抜き型が用意される。
Leica M5 + Summilux 50mmF1.4 FUJICOLOR New Pro400
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

大型の革剥きマシン(平井さんに正式名称を訪ねたところ「さあ、何て呼ぶんでしょうね」と微笑が返ってきた)。ドイツ製の高価な精密工作機器で、0.1ミリ単位で革の厚みを調節できる。この機械に慣れ親しんだ平井さんはひとつのピースの部分によって厚みを変える工夫を凝らしている。
Leica M5 + Summilux 50mmF1.4 FUJICOLOR New Pro400
(C)Keita NAKAYAMA




 

『職人の革ケース #4』

 平井さんは好奇心のひとである。
 職人というと頑固一徹、自分の専門領域に閉じこもったイメージがあるけど、平井さんはいつもいろんなものに興味を持っている。今回、都合二回にわたる取材でお話を伺った際にも、カメラのことから話題はどんどん逸れて、外国の文化や政治、そこに暮らす人間の気質にまでひろがっていく。どのお話もマスメディアから受動的に情報を受け取っているひとにはまず思いつかないような内容で、平井さんの人間に対する興味と深い洞察が伺えた。
 そういう作り手が工夫を凝らしたモノだから、カメラの革ケースも通り一遍のつくりではない。平井製作所の製品は現在十数種類(中には製造を中断しているモデルもある)を数えるけれど、古典的なカメラの純正品を忠実になぞったものはむしろ少数派で、多くは新しいアイデアが込められている。いくつか用意された国産高級コンパクトカメラ向けのケースなど、機能優先のモダンデザインを包むには不似合いなほど手のかかったつくりで、でもそういうミスマッチ感覚が受けているのか人気は上々という。
「グリップ感を良くするために指当てをつけたり、強度を高める金属板を入れたり、アイデアはいろいろ凝らしています。考えるのが好きなんですね」
 とはいえ革ケースが似合うカメラといえば、やはりクラシックな機種である。しかも日本は旧いカメラを愛好する層が世界でいちばん多い筈。マニアから超マイナーな機種の特注オーダーが入ったりしませんか、と訊けば「問い合わせは多いし技術的にはもちろん可能だけれど、なかなか応えられない」そうだ。
「なにしろ(製造工程の)ほとんどを自分ひとりでやってますから。しかも私のところでは、(いぜん手がけていた)婦人用バッグの製造器具と技術をそのまま使っているので、少量生産は難しいのです。……ちょっとご覧になりますか」
 と、案内されたのは一階の工房。大型の工業用ミシンやプレスマシンなどの工作機器が置かれた、いかにも「旧き良き日本の町工場」な雰囲気が満喫できる空間である。

※取材協力:平井製作所


※中山さんの撮影現場やご自宅に潜入取材をした・・・

 ◆今週の『中山さんが動クンです!』



2005年05月06日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部