拡大写真
こうやって12ミリ幅の革ストラップが一気に出来上がる。パスタマシーンでフェットチーネをつくるあの要領だ。この革の色はライカ純正ケースの近似色である焦げ茶。平井さんが使う革はドイツで鞣した輸入品を日本で染色しており、発色は微妙に違う(純正品の方が僅かに赤みが強い)が、これは焼けやスレなどの経年変化によるものか。じっさいには殆ど気にならぬほどの差である。
Leica M5 + Summilux 50mmF1.4 FUJICOLOR New Pro400
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部