拡大写真
M5のファインダー情報を作図してみた(ただし非焦点面のボケがこんな風に見えるわけではない。またピント面が近距離にある場合ブライトフレームはもっと右下に移動する)。これは35mmまたは135mmレンズを装着した状態で、メーターの測光エリアは内側の135mm用フレームにほぼ等しい。視野枠と露出スケール、シャッター速度表示が画面の高輝度部に重なると視認不能に陥ることがお分かりいただけるだろう。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部