拡大写真
M5の露出計受光部はこういう仕組み。これはフィルムを巻き上げた状態で、CdS内蔵の受光部はレリーズボタンのストロークに連動して右下に待避する。またレンズを外した場合も受光部は格納されるので、通常は人の目に触れることはない。ここではM-Lアダプタ(バルナック用レンズをMマウントに変換するアダプタ)を装着して受光部を強制的に露出させている。この受光部を除いて暗箱内部の様子はM3と大差がなく、ただし底面には広角レンズの後群を避ける抉りが入る。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部