* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス

  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

絞り値に依らずコントラストがさほど変わらないのはライカレンズに共通の美質で、この19ミリも例外ではない。ただし四隅のピントは絞っても弱く、このあたり設計年次を実感するところだ。
Leicaflex SL + Elmarit 19mmF2.8 / FUJICHROME ASTIA100F
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

ポーズを指示したことはいちどもないのに、彼女はいつも「あるべき場所」にきちんと収まる(垂直はちゃんと出しましょう)。
Leicaflex SL + Elmarit 19mmF2.8 / FUJICHROME ASTIA100F
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

前後非対称にそぎ落としたボディ両端と背面を膨らませた独特のデザイン。初代フレックスを洗練させたSLは「眺めてよし、使ってよし」の優れたデザインだと思う。その一例がペンタ部左のバッテリーチェッカー(後継機のSL2では前面に移動した)で、撮影時に左手を持ち替えなくても指が届く位置にある。またボディの重心が適切なためか長焦点レンズ装着時もホールドしやすい。ただし写真のSLと初代エルマリート180ミリの組み合わせは重量2キロを超え、ネッククラッシャーと呼びたいヘビー級コンビとなる。
(C)Keita NAKAYAMA

『サンクチュアリ #3』

「初物」というのは微妙な言葉である。旬の到来を予感させつつ、だがほんとうに美味しい季節はまだ遠い。そこにはある種の縁起もののようなニュアンスが込められているようで、だからこれに大枚をはたくのは、たぶん一部の通人に許された道楽なのだ。

 思うに、ライカ製SLRの初物たるライカフレックスも、縁起ものとして捉えればそう悪くないカメラだった。じっさいに手に取ってみれば、その精緻なつくりは絶頂期のM型を彷彿させるし、みっちりと中身が詰まった感触はM型を超えているともいえる。機械部分へのお金のかかりかたはこちらの方が上かもしれない。ではなぜMとフレックスは市場での評価が正反対になったのか。
 前述した機能面の立ち後れについて書けば、このカメラが積んだ露出システムに因るところが大きい。それはライツ社のカメラとして初めて電気露出計を内蔵したものだったが、その方式に「外部測光」を採用していたのである。
 ……と、こう書いたからには外部測光の説明をしないといけない。これは専門的にいうと「反射光式露出計をカメラに内蔵し、その受光部の光軸を撮影レンズに寄せて測光値をシャッター速度と絞りに連動させる方式」だ。べつだん古くさいやり方というわけではなく、コンパクトカメラなどでは今もこの方式を採るものが多い*。
 外部測光ではない、もうひとつの方式とは何か。これはレンズを通った光を直接測るやり方で、TTL(スルー・ザ・レンズまたはスルー・ザ・テイキングレンズ)と呼ばれる。露出の理想はフィルム面に届く光を測ることなので、シビアな見方をすればこちらの方式にアドバンテージがある。
 だが、普通に写真を撮るにはどちらの方式でも大差はない。というか、どちらも完全ではないのである。

 ライツ社が読み違いをしていたのは、一眼レフというカメラシステムについてであった。より正確にいえば、その種のカメラを買い求めるユーザー層を見誤っていたのだ。この時点までのカメラ発達史、というより大衆化の歴史において主役を演じてきたのは、いわゆるバルナック型やM型ライカに代表される距離計連動型カメラだった。一眼レフはどちらかといえば特殊な存在で、その優位性が発揮されるのは長焦点撮影や接写などの限られた用途であった。
 宇宙やバクテリアを撮るひとはそう多くない。そういう限定された用途に向け、万全の備えをしたカメラをつくったところで、どれだけのユーザーが恩恵にあずかれるだろう。むしろ普通のひとが普通に使って、良い写真が気持ちよく撮れるカメラをつくるべきではないか。ライツの技術者たちが意図したのは、たぶんこういうことだったはずだ。
 そして、そのコンセプトはもうひとつの過ちにつながる。

※制作協力:脊山麻理子


*注:外部測光を採用した一眼レフはツァイス・イコン社のコンタレックス「ブルズアイ」(1959年発売)などに先例がある。ライカもM型では専用の外部露出計をシャッター速度と連動させた実績があったから、この方式で必要充分と考えたのかもしれない。


2006年02月15日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部