拡大写真
ライカ一眼レフを使うかたわら、さいきん手元にやってきたカメラたちを紹介しよう。これは「スーパーバルダマチックI型」。戦前から堅実なカメラづくりで知られた独バルダ社が1960年にリリースした中級機で、底面に置かれた巻き上げ機構など意表を突くアイデアが目を惹く。またセレン光電池による自動露出は当時として最先端のスペックだった。デザインも機構も独創的なカメラだが、優秀な実用機揃いの日本製カメラには価格面で太刀打ちできず、戦前から続いたバルダ社の35ミリ判カメラ開発は本機で幕を閉じる。本機についてはまた項を改めて詳述したい。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部