拡大写真
破綻はあるが、どことなく愛嬌のあるデザインの初代ライカフレックス。僕の手元にあるのは後期型で、前期型とはフィルムカウンターや三脚座の意匠、そして露出計スイッチの有無などに異同がある。いわゆる「フレックス系」ボディのなかでもこの機種は特に凝った機構設計がなされており、対称形超広角レンズに対応するミラーアップ機構(セルフタイマーレバーの右側ノブで設定する)などはフレックス以後のR型を含めて他に採用例がない。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部