* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス

  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

SLの部分測光とネガフィルムのラチチュードで画面全域にトーンを残す。光の条件にもよるけれど、リバーサルやデジタルでこれをやるのはかなり難しい。
Leicaflex SL + Summicron 35mmF2 / FUJICOLOR Reala ACE
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

上掲作からさらに踏み出して撮影。焦点距離と撮影距離で別人のように見える。色調が違うのは露出を変えたため(こちらが適正に近い)で、レンズの発色はよく揃っている。超広角でも開放近接では被写界深度が浅く、正確なピント合わせにはやはりSL2以降のボディが必要だ。
Leicaflex SL2 + Elmarit 19mmF2.8 /FUJICOLOR Reala ACE
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

黒いものを撮るのは難しく愉しい。ライツ社はM5が登場した71年にボディ外装の黒仕上げをペイントからブラッククロームメッキに変更したのだが、この微細な梨地仕上げが露出とライティングによっては酷く「みすぼらしく」写る。レンズも難物で、コーティング面の反射を綺麗に出そうとすると大型の面光源をつくる必要があり、しかも撮影角度が制限される。これは最近ではいちばん苦労した1枚、都合4回撮り直した72年製SLと75年製ズミクロン90ミリ(と愛用の楽器)。SLはやはり望遠系との相性がいい。
(C)Keita NAKAYAMA

『サンクチュアリ #10』

 初代ライカフレックスのところでも触れたが、フレックス系ボディの構造についてすこし詳しく書いておこう。
 ボディ全体の成り立ちは初代フレックス、SL、SL2の三機種でほぼ共通だ。このことは初代フレックスの基本設計がよく練られていたことの証左ともとれるし、大幅な改変を避けたようにも見える。じっさいはどうだったのだろう。
 主要骨格であるシャシーは肉厚の軽合金製*で、この骨格そのものが外殻も兼ねる(ボディ前面中央部の貼り革はシャシーに直接接着されている)構造はそれまでのライカとはおおいに違って、むしろ日本製一眼レフに近い。ただしその設計はドイツ的な思想が色濃く感じられ、日本製とは肌合いが異なるものだ。
 裸の状態のフレックス系シャシーを観ると、それがカメラの形を保っていることに驚かされる。そんなことに驚いてどうする、と言われそうだけど、一眼レフのシャシーは通常いくつかのパーツに分割されているものだ。これは製造工程での組み立てと調整を容易にするためである。
 具体的にみてみよう。普通の一眼レフはボディシェルにミラーボックスを嵌め込み、そこにレンズマウントの付いた前板を装着してカメラの形となる。ところがライカフレックス系ボディはシェル本体と前板が一体鋳造されており、シャッターユニットを組み込んだミラーボックスは上から落とし込んで組み立てる。部材を前後に重ねていくのではなく、天地に組み上げる方法はM型に近いともいえる。
 日独の思想の違いといって良いのかどうか分からないけれど、シャシーの分割がどうであれ、カメラの性能に直接関係はない。ではなぜこういう部分に注目するのかといえば、それは生産性やコスト、そしてメンテナンスの容易さなどに差が出るからだ。
 ライツ社が採ったボディシェル一体成型という方式は、理論的には精度を出しやすい。フィルムカメラのピントを保証するのはマウント面からフィルムを保持するガイドレール面までの距離(これをメカニカルバックという)であり、製造時にはシャシーにマウントを装着した状態でガイドレールを切削加工するのが古来からの習わしである。なにやら「現物合わせ」みたいな方法だけど、ダイカスト部品には未加工でピントが出るほどの精度が求められないのだそうだ。
 そこで前板部分をシェル本体と別部品にしてしまうより、一体とした方が精度は保ちやすい。ライツ社の技術陣はたぶんそう考えたのだろうけれど、現実には問題もすくなくない。前述したミラーボックスの組み付け方法(いったん組み立ててしまうとプリズムなどを外さない限りミラーボックスやシャッターユニットが取り出せない)もそうだし、カメラボディが衝撃で変形した場合は矯正がほとんど不可能に近い**。
 フレックス系ボディの特長のひとつである過大な質量は、シャシーそのものを肉厚の大型鋳造部品としたことが要因とされる。これは骨格そのものにじゅうぶんな強度を持たせ、ピント精度を永らく保証するという、ある種理想主義的な設計ともいえる。だがその対価として生産コストは上昇し、それは製品価格に反映されるのである。
 ライカの写りと感触を求めて、重くて高価なカメラを購うユーザーがいるうちは、それでもビジネスは成り立つ筈だった。

※制作協力:クニトウマユミ

*注:カメラのダイカストシャシーには大別して二種類の金属素材が用いられているようだ。ひとつはアルミを主成分とする合金で、製品は軽量に仕上がるが鋳造後に熱処理などの二次加工が必要となる。もうひとつは亜鉛を主成分とする合金で、寸法精度や強度に優れるいっぽうアルミ系に比べて重量は嵩む。現代のカメラでは前者が主流だが恐らくライカフレックスは亜鉛合金シャシーだろう。

**注2:某国産カメラを三脚ごと倒したことがある。レンズマウントの金具が曲がり、サービスセンターで「重修理」の伝票を切られる羽目になったのだが、その時に伺った話が興味深かった。「マウントや前板の部品強度を高めると落下時などでボディ側にダメージがおよぶ。ゆえにこの部分の強度を少し下げることで衝撃を分散し、ボディ側の変形を防ぐ設計になっている」のだそうだ。ちなみにそのメーカーでは同一規格のマウント部品をステンレスから真鍮に変更している。


2006年04月26日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部