拡大写真
初代ライカフレックスに大口径90ミリを装着する。フレックスの外光式露出計はこの焦点距離にほぼ等しい受光角を持ち、これより長焦点側のレンズとの組み合わせでは全面測光となる。露出計の感度分布はどの方式にもメリットとデメリットがあり、優劣は撮影者の好みや撮影目的によって変わってくるのだが、個人的にはやはりSL以降のスポット測光が好ましく感じる。なお90ミリのズミクロンは1969年にSLと同時発売されたもので、フレックスの現役時代は開放値F2.8の「エルマリート」しか存在しなかった。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部