拡大写真
M型ビゾフレックス用ベローズとマクロエルマー65ミリ(正式名称にマクロは付かない)を初代フレックスに装着した図。以前に掲載した組み合わせだが、蛇腹フードを追加したらレンズがほとんど見えなくなった。蛇腹フードはレンズの焦点距離に合わせて伸縮可能、先端には専用のゼラチンフィルターを装着できる。このベローズシステムは工作精度、青みがかった特殊塗装(ハンマートーン)の仕上がり、そして作動感覚ともに素晴らしく、「これぞライツ品質」の極めつけともいえるもの。ライカフレックスの裏蓋開閉機構もそうだが、佳き時代の贅沢なものづくりを伺わせる造りである。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部