拡大写真
シンプルで力強い造形のピジョン35。子細に観察すると外来種からの引用が目に付き、また各部材の仕上げもバラバラだ。つまり相当に「ちぐはぐなデザイン」なのだが、引いて観ると不思議な塊感がある。金属鏡胴がレンズの口径に対してアンバランスに太いのは、当時主流だった蛇腹カメラに対抗する新世代性のアピールだろうか。鏡胴にあしらわれた赤青の「ハチマキ」については後述。
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部