* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス

  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

目測も最短付近はけっこう合わせやすい。富岡のSローザは三枚玉のようだが、絞れば周辺部でもピントの崩れはそれほど目立たない。
Pigeon 35+ Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICOLOR Pro400
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

絞り開放付近で。やはり周辺部は相当に甘くなる(やや片ピン傾向があるようだ)。こういう条件では現代のレンズと大差だけれど、写真のアガリとして「どちらが好きか」は判定が分かれるところだろう。
Pigeon 35+ Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICOLOR Reala ACE
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

底面から眺める。シャッター速度は旧系列だが絞りは現代とおなじで、実用に支障はない。このカメラの整備をお願いしたT先生によれば、NKBシャッターはプロンターのデッドコピーである由。底面中央の大径ノブは底蓋(裏蓋と一体で外れるコンタックス方式)開閉キー。三脚固定ネジを左右に備えるのは珍しいが、雲台との接触面積は極小でブレを生じやすい。ボディに比べて鏡胴部の仕上げがずっと上等なのが分かるだろうか。

『鳩によせて ー或る戦後国産カメラの物語ー #3』

 さて、ようやく写真機の話になった。いまこの原稿を書いている僕のデスクトップに置かれているのは、昭和27年頃に発売された「ピジョン35」というカメラである。この連載で国産機を採り上げるのはとても久しぶり、というより正味これが二度目だった。
 ピジョン35の製造開始が「昭和27年頃」というのは、いかにも曖昧な記述で申し訳ないが、いまのところ正確な資料が入手できていない。このカメラに限らず、戦後の動乱期に、というより混迷期に製造されたカメラは正しい出自をつかむのが難しい。あの頃に雨後のタケノコよろしく出現したメーカーの大部分は時を経ずして消滅し、残った会社も別の企業に吸収統合され、あるいは転業しているため現存する資料が限られているからだ。ではいったいどれくらいの数のメーカーが存在したのか。
 よく知られていることだが、昭和二十年代後半から三十年代にかけて人気のあった二眼レフなど、機種名をならべるとその頭文字でアルファベットのAからZまでがほとんど埋まるという。昨今の状況に照らせば、ある意味、夢のような話ではある(ただし輸出用にブランド名だけ変更した例もすくなくない)。
 もちろん販売競争もそれなりに熾烈であったはずだけれど、この時期、日本におけるカメラ市場は「つくれば売れる」という状況であったらしい。今でいえばほとんどケータイのノリだろうか。「一家に一台」の時代はまだ先の話とはいえ、日本人は写真に飢えていた、というより、身近な娯楽を渇望していたのだろう。

 ピジョン35もなかなかに正体をつかむのが難しいカメラである。いま分かっているのは、レンズ製造は東京・青梅市の「株式会社富岡光学機械製造所」が担当。発売元は東京・京橋の「エンドー写真用品株式会社」であるということだけだ。発売元は社名が示すように写真用品の商社だったらしく、「ピジョン」は同社が展開するカメラブランドという位置づけのようだ。
 問題はボディの設計製造をどこが請け負ったのか、である。これにはヒントがあって、同時代に発売されていた二眼レフ「ピジョンフレックス」は長野県諏訪市の「八州(やしま)精機株式会社」が製造を担当、おなじモデルを自社ブランドの「ヤシカフレックス」としても発売している。八州精機はのちのヤシカ〜京セラにつらなるメーカーで、ピジョンシリーズにレンズを供給した富岡光学とも縁が深い。
 だから僕も最初は「京セラコンタックスの源流がここに」などと考えていたのだが、手元のピジョン35を子細に眺めると、どうも八州精機の香りがしない。レンズボードから前側(=鏡胴全般)の工作に対して、ボディのつくりがちょっと粗すぎる。初期のヤシカフレックスもさほど高級なつくりではなかったものの、あちらはちゃんと一体感があった。
 調べてみると、エンドー写真用品のピジョンシリーズは、ボディ製造をおおむね三社に委託していたようである。

※制作協力:脊山麻理子



2006年09月27日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部