拡大写真
底面から眺める。シャッター速度は旧系列だが絞りは現代とおなじで、実用に支障はない。このカメラの整備をお願いしたT先生によれば、NKBシャッターはプロンターのデッドコピーである由。底面中央の大径ノブは底蓋(裏蓋と一体で外れるコンタックス方式)開閉キー。三脚固定ネジを左右に備えるのは珍しいが、雲台との接触面積は極小でブレを生じやすい。ボディに比べて鏡胴部の仕上げがずっと上等なのが分かるだろうか。
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部