* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス

  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

立ち位置を指定しても被写体は必ず動く。天窓からの斜光線はすこし外れたけれど、置物を撮るつもりはないのでこれでいいのだ。
Pigeon 35+ Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICOLOR Pro400
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

リバーサルでは見事なハレハレが露呈する。フードを自作するべきか、この性質をそのまま活かすべきか。
Pigeon 35+ Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICHROME ASTIA100F
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

上とおなじ場所で、フィルムをネガに交換。スキャン以降のコントラスト調整はリバーサルを基準にしている。
Pigeon 35+ Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICOLOR Reala ACE
(C)Keita NAKAYAMA

『鳩によせて ー或る戦後国産カメラの物語ー #4』

 敬愛する写真家から連載の感想をいただいた。「四畳半的寫眞機を説明するに、聖書を引用する悠久の大論文」だそうである。写真も舌鋒も冴えた方の言葉は本質を突いている。特にさいしょの七文字はこのカメラの真相をズパリ言い当てているかもしれない。
 昭和二十年代の我が国にあって、写真機製造業のようすは今のそれとずいぶん異なったものだった。それはカメラメーカーに限ったことではなく、ほとんどすべての製造業にあて嵌まることでもある。なかでもカメラメーカーは群雄割拠というより玉石混淆、いやむしろ百鬼夜行にちかい状態だったらしい。
 このあたりの事情に詳しい識者によれば、小規模なメーカーには家族経営、それも夫婦が民家の狭い一室でパーツを組んで製品に仕立てる、というところが結構あったという。「ごく零細な製造現場では、父ちゃんと母ちゃんと爺ちゃんでカメラを造っていた。三ちゃん農業みたいなものです」とは、さる高名なカメラ史研究家の言である。
 そういう現場では、パーツの内製率はゼロにひとしく、すべて外注の(おおくは汎用の)部品をリアカーに載せて運んできて組み立てる。今ふうにいえばガレージメーカー、ということになるのだろうけれど、その当時の日本でクルマの保管に専用の建物を持つ民家などはほとんど無かった筈だから、やはり「四畳半的」というのが相応しい。

 もちろんすべてのカメラ製造業者がそういう零細規模だったわけではなく、戦前からカメラ製造を手がけていた東京光学(現トプコン)や高千穂製作所(現オリンパス)、千代田光学精工(現コニカミノルタ)、理研光学工業(現リコー)などは戦後まもなく本格的なカメラの設計製造を再開している。おなじく戦前から国産フィルムの製造にあたっていた富士写真フイルム(カメラ製造部門はのちに富士写真光機、現フジノンとなる)や小西六(現コニカミノルタ:国産初のカメラを手がけた名門)なども、それぞれ独自のカメラを開発、市場に供給していた。またレンズおよび精密光学機器で名を馳せた日本光学(現ニコン)は戦後に民生用カメラを開発、キヤノンカメラ(現キヤノン)、旭光学工業(現ペンタックス)もこれに続いている*。
 のちに世界の写真機市場を席巻することになるこうしたメーカーの多くは、戦前と戦中をつうじて軍用の光学機器を手がけていたこともあって、光学技術の基礎研究も進めていたし設計や製造のノウハウも積み上げていた。つまりマジメに設計してきちんと造った会社は(残念ながらカメラ製造から撤退してしまったところもあるけれど)今でもちゃんと残っている。
 では消えていったカメラブランドは、すべてが四畳半規模の現場でつくられていたのか。もちろんそんなことはなくて、中堅どころが手がけた大衆機も多かった。ピジョン35もそういうカメラである。

制作協力:脊山麻理子

*注:ここに挙げたメーカー名は昭和二十年代の登録標記に従った。これ以外のビッグネームとしては八州精機(やしませいき:後のヤシカ〜現・京セラ)があるが、これは本文で後述する。


2006年10月11日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部