* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス

  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

築地場内の屋根の上。この風景も間もなく消えようとしている。
Pigeon 35+ Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICHROME ASTIA100F
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

お気に入りのカット。レンズが曇っているわけでも、傷や汚れがあるわけでもない。昔は「逆光では撮らない」がお作法だったのだ。
Pigeon 35+ Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICHROME ASTIA100F
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

愚痴をひとつ。レンズボード周辺の造作はこのように緻密だが、鏡胴先端部の外周に刻まれた距離指標の数値があまりに小さく読み取りづらい。しかも夜間にはクロームの反射でほとんど読めなくなる。目測機としてはかなり致命的で、数値を拡大転写したフードでも自作するしかないだろう。
(C)Keita NAKAYAMA

『鳩によせて ー或る戦後国産カメラの物語ー #5』

 ピジョン35の話を続ける前に、これが生まれた当時のカメラ業界をもうすこし眺めてみよう。戦後の混乱期に、なぜ四畳半規模のガレージメーカーが次々と現れて消えたのか。昭和二十年代も半ばに入れば経済や産業の復興も進んだとはいえ、まだまだ物資も労働力も不足していたし、生活者の多くは貧しく、カメラを買う余裕もないひとが多かった。
 にもかかわらず大量のカメラがつくられたのは、ちゃんと買い手がいたからである。それは進駐軍(正しくは日本の占領と統治にあたった連合軍)の兵士たちだった。彼らが日本製の写真機を好んで買い求めたのは、もちろん日米の価格差ということもあるだろう。本国では大衆機しか買えないドル札で、ずっと高級なカメラが手に入る。 
 しかも日本製品の大半は高品質なドイツ製カメラを摸してつくられていたから、質実剛健というより「割り切り」を旨としていた米国製の大衆機にくらべれば、ユーザーの満足度は価格差を超えておおきかった筈である*。
 もちろん、兵士たちのすべてが写真機に質や機能をもとめたとは思えない。むしろ無頓着なひとがほとんどだっただろう。だが映画やラジオなどの娯楽が限られた異国の環境で、写真撮影はじゅうぶんなエイタテインメント性を持っていたのではないだろうか。

 ところで、今に残るこの時代の国産カメラには、ひとつの共通した特長がある。それは撮影距離指標にメトリック(メートル法にもとづく)表示ではなく、米国式の(ヤード基準にもとづく)フィート表示を採用した製品が多いということだ。日本がメートル条約に加入したのは明治十九年のことで、つまり近代的な工業製品にはすべてメートル単位がもちいられてきたから、これは国内市場向けの製品ではない。すなわち輸出市場向け、あるいは進駐軍向けである。
 そうしたカメラが今の日本市場に多く存在するのは、ある意味不思議な気もする。これは米国にわたった製品が、先の中古カメラブームで日本に戻ったためだろうか。僕のピジョンも距離指標はフィート表示だし、レンズは黴や曇りのない綺麗な状態だ。にもかかわらずヘリコイドが固着していた(不動だったシャッターと併せて高知のT先生に直していただいた)し、貼り革は割れていた。ということは、湿度のすくない環境でながらく放置された可能性が高い。おそらく里帰り組だろう。

 進駐軍の兵士たちがカメラをもとめたのは、PX(Post Exchangeの略)と呼ばれる購買部が主体だった。でもこれはCPO(駐留軍中央購買部)が統括しており、それはGHQ(連合軍総司令部)の管理下にあったから、ある程度身元のしっかりしたメーカーでないと取引が許されない。つまり中堅メーカー製カメラや四畳半カメラの多くは市中の業者があつかったか、または輸出に回された筈である。ではピジョン35はどうだったのか。
 あいにくPXの販売品リストなどはおいそれと手に入らないけれど、手がかりがないわけではない。

制作協力:脊山麻理子

*注:この時代を代表する国産高級カメラに、ニコン初期のレンジファインダー機がある。「Sシリーズ」はライカとコンタックスの機構を折衷してつくられたことは有名だが、その最初のタイプである「ニコンl型」とこれに続く「ニコンM型」(昭和二十三年〜二十五年の生産)は生産量のほとんどがPXでの販売に回され、国内には出回らなかった。なおl型は生産量が極端に少なく、これは長辺方向に短い独特の画面サイズ(通常のライカ判は36ミリ×24ミリのところを32ミリ×24ミリとした)が米国製の自動現像機で扱えず、クレームが付いたためという。


2006年10月18日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部