拡大写真
愚痴をひとつ。レンズボード周辺の造作はこのように緻密だが、鏡胴先端部の外周に刻まれた距離指標の数値があまりに小さく読み取りづらい。しかも夜間にはクロームの反射でほとんど読めなくなる。目測機としてはかなり致命的で、数値を拡大転写したフードでも自作するしかないだろう。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部