拡大写真
古民家の窓辺で、夕暮れに。絶対的な光量が不足する条件でも現代の高感度ネガフィルムなら絞りを開けずに済む。
Pigeon 35+ Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICOLOR NATURA 1600
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部