* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス

  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

測距ミスではありません、手ブレです。
Pigeon 35+ Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICOLOR NATURA 1600
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

上掲作を拡大。レリーズショックの少ないレンズシャッター機とはいえ、小型軽量ボディはブレを誘発しやすい。シャープネスを優先したい場合、カメラホールドはくれぐれも慎重に。
Pigeon 35+ Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICOLOR NATURA 1600
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

本稿のような記事を書く場合には信頼の置けるリファレンスブックが不可欠。画像の書籍「工作機械技術の変遷」(長尾克子著/日刊工業新聞社・刊)は戦前〜戦後の日本工業界がどのように成長したか、その舞台裏を膨大な資料と製造現場の証言をもとに明らかにする快著である。内容はやや重工業寄りでカメラなどの小型精密機器にはあまり触れられていないものの、製造業の発展を読み解くヒントはふんだんにちりばめられており、歴史的な価値はたいへん高い。ちなみに著者はおもに経済分野で永らく教鞭を執る女性だそうである。機械好きの琴線に触れる逸話を満載した本書、ぜひ一読ください。
(C)Keita NAKAYAMA

『鳩によせて ー或る戦後国産カメラの物語ー #9』

 原稿を書くかたわら、机の上に置いたピジョン35をしげしげと眺めて面白いことに気付いた。軍艦部に置かれたアクセサリーシューを留める三本のマイナスネジの頭が、まるでベンツのエンブレムよろしく、正確に左右対称となる位置で固定されている。そういえば戦後東独製のカメラ「エクサ」の外装に露出した無数のネジも、きれいに左右対称の角度で留められていた。
 ネジという部品は(セルフタッピングでもない限り)一定のトルクで締め付けていくと止まる角度は決まってしまうはずで、なぜこういう芸当ができるのか不思議である。たぶん真鍮素材に特有の柔軟性や粘弾性を利用しているのだろうけれど、わざわざ角度を揃えたところで気付くひとはそういないし、売り上げにはほとんど影響しないだろう。これはつまり組み立てを担当した職人の美意識がそうさせているのである。

 美意識といえば、先に復刻されたレンジファインダー機「ニコンS3」にも心を動かされた。外装の組み付けにマイナスネジが使われていたからだ。しかもネジの頭の角度もちゃんと左右対称で揃えてある。こういうワザが使える職人がニコンには今も残っているのかといえば、そんなことはなさそうで、復刻当時の雑誌記事によれば当時(S3は昭和三十三年の発売)組み立てにあたっていた方にアドバイスをいただいたのだそうだ。たぶんネジの頭に装飾性を持たせることも助言に入っていたのだろう。
 その復刻版S3の記事には、他にも興味深い一節があった。再生産の拠り所となった設計図には、部品や組み立ての公差が記されていなかったのだという。公差とは分かりやすく記せばバラツキの許容範囲のことで、現代の機械設計ではこれを厳密に管理するのが当たり前になっている。
 では公差を管理しないとどうなるのか。これこそ職人芸の世界、相性の良い部品を箱から選りだして組み立てる。箱の底の方に残った相性の悪い部品は、ヤスリで修正して使う。どっちにしても非効率的な方法だし、QCという概念にはまるでフィットしない。復刻版のニコンS3にはオリジナル機と違う部分がいくつかあるそうだが、実はいちばんの差異は製品の均質性ではないだろうか。
 ともあれ、昔のカメラの生産現場では組み立てにあたるひとが「現物合わせ」で製品をつくっていた。往時のカメラの操作感触が一台ごとに違うのは、こうした理由によるものだ。

 ピジョン35も図面に公差など無かった時代のカメラだから、生産現場では職人芸が活躍していたことだろう。だがこのカメラには、日本の工業界が前時代的なものづくりから脱却し、近代的な生産技術を採り入れようとする時代の香りが漂っている。量産技術の確立は日本カメラメーカーを世界の覇者に押し上げた要因だったはずだが、同時に職人のワザもフェイドアウトしていくことになる。


制作協力:クニトウマユミ
撮影協力:高尾山「山の神」


2006年11月29日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部