拡大写真
本稿のような記事を書く場合には信頼の置けるリファレンスブックが不可欠。画像の書籍「工作機械技術の変遷」(長尾克子著/日刊工業新聞社・刊)は戦前〜戦後の日本工業界がどのように成長したか、その舞台裏を膨大な資料と製造現場の証言をもとに明らかにする快著である。内容はやや重工業寄りでカメラなどの小型精密機器にはあまり触れられていないものの、製造業の発展を読み解くヒントはふんだんにちりばめられており、歴史的な価値はたいへん高い。ちなみに著者はおもに経済分野で永らく教鞭を執る女性だそうである。機械好きの琴線に触れる逸話を満載した本書、ぜひ一読ください。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部